イガイガボン

出版の(株)iga

『谷絵』表紙遍歴

without comments

絵の表紙は当初、ごく普通に谷作画のから作成した。

谷絵・旧表紙・山羊

一例として、この山羊を黒く彩色したものなど、
谷君らしく、かわいらしいものが多かった。
しかし、1年休憩したら、かわいらしさとは一変した表紙にすることになった。

表紙候補を2例。
1つは大壁画をそのまま掲載したもの。
もう1つは谷君の顔写真。壁画は縦2m、横3mくらい。

谷絵・旧表紙・壁画

これは、作者谷君が制作途中に入院。
詮方なく阿賀が続きを代作したもの。

ところが、この代作がどうもうまく行かない。
思い悩んで、作成中に2階の階段から転げ落ちるなど、ロクな事はなかった。

眼帯に「寿」とあるものだから、
阿賀にはお棺に男が入っているように見えた。
お棺に入って、周囲を菊花で敷き詰められて、
さあ出棺というときの姿だ。
で、そういうつもりで菊花を増やし制作した。

なぜ、うまく行かなかったのか。
原画の谷絵は、紙ではなく、一種ビニールシート風な
ツルツルしたものに描き付けられていたからだ。

たっぷりの墨をつけて、
乱暴に一気呵成に、殴り描き……といった風な描きかたで、
このマネができない。

墨はだらだら垂らしながらの絵で、その垂れた所がまた良かった。
ところが、この壁画は和紙、スイッと墨を吸い取ってしまう。
原画のすざまじいまでの迫力が出せずトコトン疲れてしまった。

でも誰もがこれがいいという。
コピーに行ったセブンイレブンの美人店員さんも、

「これなんですか? 本の表紙ですか?
なにか惹かれます。できたら是非買いたい!」

 
彼女は横尾忠則のファンとか。
はるばる神戸の横尾美術館まで観に行ってるらしい、
で、こっちの作者はこれです……と
谷君顔写真入りの表紙例も見せてサービスしておいた。

谷絵・旧表紙・写真

実は顔写真など、画集の表紙に置くつもりはなかったのだけれど、
この写真、あまりに物議を醸したので、なにか、ここに謎というか、
ブラックホールというか、
そういう変なものが潜んでいるような気がして、捨て置けなくなったのだ。

「これ、誰ですか?」

 
まず、初めの感想はこれ。
中学以来の同級生柳田君まで、解らない。
誰もこれを谷君とは気付かなかったのだ。
いつもの谷君はこんな感じ。

谷写真・肩車

レッキとした3枚目。
ブチャムクレというか、全面壊れかかった写真も多い。
お人好し。真底の善人タイプ。
阿賀はこういうタイプは苦手。
まずは逃げるのだけれど職場や学校での写真の大半はこれだ。

どうしてこんなにかけ離れてしまうのか。

皆この表紙候補は、本当の谷君ではない、偽物というのだけれど、
ところが我が家のカメラには、先の表紙候補の写真のようなのが結構多い。
誰が撮ったのか?

先の表紙候補は、戸沢たま(戸沢英土)が撮影した。
以下は吉田ゆき子さんの撮影か?
数枚を連写、うち1枚は、苦み走って凄みがある。

谷写真・タバコ

菊男はこういう男でなきゃ描けない。
普通ではどうしても描けない。まるっかし描けなかったのだ。

偽物偽物と皆騒ぐが、
タバコで一服というときに、気取ったり、構えたりするだろうか?
こっちが本物ではなかったのか?

この本性を隠して、必死でいい子チャンを演じていたのではないか?
オモロイ、愉快な谷君を演じて疲れ果てていたのではないか?

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with ,

Leave a Reply