イガイガボン

出版の(株)iga

あまりにも、あまりにも(悪人正機の悪悪悪)3

without comments

◆法然上人伝

大正時代、醍醐寺出発見されたため、醍醐本ともいわれる江戸時代の写本。
おそらくは時代時代には相当数が筆写されたのだろうが、
残存するのはこの1冊だけ。
嘆異抄の写本、26冊に比べると1冊とは余りにさびしい。

何しろ長大、嘆異抄の優に10倍以上はある。
簡単には書き写すことができない。
おまけに全体が漢語で書かれているので、読みにくい。

師の法然の選択集にしろ、嘆異抄にしろ、誰でもが読めるよう
和語で書かれているのにおかしなことである。
わざと読みにくくしたのではないか。
あまりに出回らぬようと意図してのことではないか?

この源智、たとえ集会を開いたとしても
数人以上となると、多すぎるとして、集会を取りやめたらしい。
ひたすら念仏の人であったというから、
大人しいだけの内気な人の印象だが、
それでは信徒48000人を掌握できるはずがない。

源智は教義について話したくなかったのではないか?
例えば「法然様のこれについてどうおっしゃってましたか?」と聞かれたとしても
「私は念仏だけ、そういうことは存じません、」と答えていたのではないか?
これでは判りたくとも手の打ちようがない。

しかし一切を話したとして誰が理解できるだろう。
教義をよくよく知悉するだけに、集会などで
ふと漏れるのを回避しようとしたかと思われる、
とにかく彼が書き取った法然教義、尋常なものではなかったからだ、
 


 
 
◆上人伝構成

法然上人伝は生涯の行状を記録すると共に、
3つの法語集の記録しているが、うちの最後に収録された
27箇条の法語の中に問題の「善人のなおもて……」が記録されている。

成立は1207年、法然75歳、土佐への配流直前主のと推測されている。
すでに安楽などの死罪も確定、
周辺は大混乱のこの前後を記録したものが残されているのだが、
法然が話に僧たちは驚いて、そんな事はおっしゃってはいけませんと
皆で法然を制したというのだ。

中に一人進み出て熱心に聞いて書き取った者がいるらしい。
おそらくこれが源智だろう。
おそらくは彼は、危険とも奇怪ともしなかったのだろう。
その言葉の真の意味を瞬時に理解、是非とも残すべき法然の至言とみたのだ。
弱冠25才、そうでなければ、先輩年配の高弟たちに反してまでのことをするはすがない。

さて、この27箇条、まず前半にある一文である。

この宗は、悪人を手本となし、善人まで摂す

 
ただ驚くほかはない。どう訳したらいいのか。
……浄土宗は悪人を人のあるべき手本なして、善人をも救済する
仏僧むけとしてはこう訳すべきか?

摂す、は仏教では救済するという意味。
政治の世界では、摂政として、支配し統率するという意味になる。
後者をとると、悪人が善人をも統率する……という意味にもなるのだろうか。

悪人は、自身の悪を見抜く視力を持った人、
または正直にに自分の悪をさらけ出す人、とかの解釈をつけ加えて、
何とか少々は理解するとしてもなんとも奇怪な説である。

そして最後が「善人なおもて……」を表題として一文。
法然の言葉はこの表題だけ。
表題の次が「私云」つまり「私に言う」。
こう断って源智が自身の見解を加えている。

……お阿弥陀様は踏み惑う悪人に的を絞って
まずは悪人を救おうなさってる説である。
だからもし善人が極楽に行くというなら、
阿弥陀様が救おうとなさってる悪人が行かないなずがない、
まずは悪人の極楽行きが先である……

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with ,

Leave a Reply