イガイガボン

出版の(株)iga

あまりにも、あまりにも(悪人正機の悪悪悪)5

without comments

「私伝」、つまり「私に言う」として
源智が作りだした説はおそらく虚妄の説、
浄土真宗三世覚如は、これを法然の発言として、
この源智のベールに丁寧に補足している

覚如の説明。
目下の高校教科書が採用しているものだが、
やたらややこしい解釈で驚く。
まずは表題の「悪人正機」の「機」。
「対象」という意味だとしての解釈だ。
つまりそこらに人を対象とした一般論ではなく悪人向けの説、というのだ。

お阿弥陀様は踏み惑う悪人に的を絞って
まずは悪人を救おうとなさってる……というのだ。
阿弥陀様?
古代の僧侶が生み出した幻覚?
目下の高校生にあっては、一種化け物が出てきたってところか?
 

覚如は親鸞の孫、浄土真宗3世。
浄土真宗の宗主としては、こういう風に解釈してほしいということだろう。
「悪人は正機」が「悪人を正機」と主語をなくした代わりに、
阿弥陀様を連れてきて、かつ「正機」は「対象」の意味になり、
正義とか正しいとかの意味を一挙に剥ぎ取っている。

これだと法然ないしは親鸞がいったのではなく、
あたかも阿弥陀様がおっしゃったようにも聞こえるわけで、
テイのいい責任転化、危険思想は阿弥陀様のせいとして、
いざとなればにげようとの算段。

まずは保身。自分が大事。宗派の存続が大事、
そこらの人などどうでもいい。
徹底的な利己主義に徹した解釈である。

覚如という人、抜群の頭脳ながら、ワルとして有名な人、
流石と感心するが、「機」という字にはそこまで
強い意味を持たせるた例はすくないのではないか?

漢和辞典でいくと、「機」を資格を持つもの、
資質をそなえたもの、という意味がある。
その意味合いを込めて、正しさをより強調、
口語訳となると「こそ」をつけて
「悪人こそが正しい」としたが自然ではないか?

それに悪人にむけ、一般向けではないとなると、
まず自分を悪人と思っている人はいないから、誰も無関係。
みな聞く必要もない。
悪人のたまり場、刑務所にいってそこで説法してくれとなってしまう。

「お釈迦様はあんたら悪人がまずは極楽行くよおっしゃってますよ」など
刑務所でいってもどうなるか。
極楽より何より檻から出たいわけで極楽などとんでもないことだ。

覚如流でいくと、まことに整然と阿弥陀様の心を汲み取って
すっかり穏やかなものにはなるのだけれど、
相手は百姓、農民。いったいだれがこういう
ややこしい解釈ができるだろうか?

覚如が口伝えで説いているものだが、
まさにお利巧さんの学僧の世界である。
まことに無難優雅な説である。
もしこういう解釈ができたなら、苦境を案じて
法然に集った門徒たちは、法然に喋るな、など
制したりはしなかっただろう。
居合わせた全員がこうは解釈できなかったということだ。


 

◆源智の本当の解


これを嘘のベールというなら、本来の源智はどう理解したのか?
ひっそりと胸にしまい込んだ本当の解釈は?

悪人正機説の「機」、
何かと出てくるだが、明確に訳さないで場合が多い。
強調するために置くという具合だ。
ごく単純に・・・・悪人こそが正しいという説……
こうなるのではないか?
まずはこの法語27箇条、はじめに悪人は人の手本といっているのだ。
主語は当然、悪人となる。
お手本なんだから悪人は当然正しいとなる。

「善人なおもて……」も同じ、よけいな補足はいらない。
……善人が極楽往生するというなら、
より一層正しい悪人が極楽往生しないはずがない。
まず一番に悪人が往生するのだ……。

結局、農民漁民遊女たちに法然は言いたいのだから、
こっちも当時の農民漁民遊女になったつもりで読めばいいのだ。
馬鹿のままでいい。それが正しい読み方だろう。

もう阿弥陀様も登場しない。
誰がいったのか?法然様がおっしゃったのだ……となる。
嘆異抄の読者なら親鸞がおっしゃったとなるとなる。
ここに及んで誰もが驚き高弟達は危険を察知する。
だがここで論理は確かな強度を持って立ち上がるのだ。

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with ,

Leave a Reply