イガイガボン

出版の(株)iga

川瀬裕人氏とリキテンスタインを見る

without comments

8月7日、軽井沢セゾン現代美術館は辻井喬氏の特集だが、
中にロイ・リキテンスタインの巨大絵画を展示。
赤ワインのある静物
絵画作家、川瀬裕人氏は、その中の一点に見入っている。
リキテンスタインお馴染みの点々、印刷を拡大したときに現れる小さな丸い粒々の一点。
赤ワインのある静物・拡大
「手書きですねえ。1つ1つ、丁寧に描かれてるんですねえ」
なんと大量の点々であることか。

草間彌生の円も同じ。
草間彌生カボチャ
同じ形、同じ大きさ。
 
あの羊達の様に、阿賀猥が語り、十亀が踊った朗読舞踏の子羊たちのように、同じ顔、同じ大きさの羊たち、

朗読舞踏「羊女神」

朗読舞踏「羊女神」


(同じでなければ、戦力にならない?)
(同じでなければ、統合もできず新個体を形成できない?)


同質の強固な塊としても個人たち。
同一の円。
例えばカボチャ。
小さな円、ないし小さな球体の一個の集積としてとらえる。
だからこの小さなものを一個ずつ愛情を込めて丁寧に描いていく。
小さなケナゲナものたち。
カボチャ1個、30万。
高い?
おそらくはいつか300万円、3000万円に跳ね上がるだろう……と思いながらやり過ごした。
どこかの展覧会で、昔見た見事に完璧に美しい草間彌生のカボチャ……

小さな粒々たちは群れ集い、大きな「虚」の魔物を形成する。
リキテンスタインのいかにもパッとしない男や女とか。
草間彌生のまさに神のように美しいカボチャとか。
ある時は魔物になり、またあるときは神になり、群れ集う私たち。
川瀬裕人夫人、支倉隆子の戯曲「洪水伝説」は、その群れ集い、
またあるときは離散する小さな粒々の私たちを描いていく。

白く透き通ったとても寂しい「虚のけもの」これが主役。
見事な脚本で、日本の「虚」を鮮やかに掴みとっていく。

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , ,

Leave a Reply