イガイガボン

出版の(株)iga

新刊『ひとを千人』について

without comments

新刊「ひとを千人 ードラゴン6章ー」
 
内容は、イガイガボンシリーズ「ドラゴンin the Sea」下巻、6章から。
特に親鸞法然の悪人正機説にスポットをあて、
大幅改編し6章を補間増量、手に汗握るスリリングな内容になった。
 
悪人正機説といえば、親鸞、嘆異抄。
だが、ここには悪人が登場しない。
 
海で魚をとる漁師、山で獣を狩る猟師、
なるほど、殺傷がナリワイだが、その大昔から
彼らが、悪人とされたことはない。
 
千人万人殺す武将にしても同じ。
田畑を家々を領地を守る武将を乱世の人々は、
より一層、大事としたはず。
古今東西、彼らは、悪人とされたことは事がない。
嘆異抄だけが、そんな彼らを、悪人として恐怖するのか?
 
そんなはずはない。
ひょっとして嘆異抄は、あるいは親鸞は、
悪人正機説を解読できなかったのではないか?
 

なぜ、悪人が善人より、いいのか?
 
平安から鎌倉、乱れに乱れた戦乱に浮上した、奇怪な教理を、
はるか時を越え、現代英国デイヴィッド・ボウイ、
レッド・ツェッペリンの歌詞から解きほぐしていく。
 
兵士となって中東へ、またベトナムへと向かった少年たち。
戦乱をいきる彼らを支えるものとして、ツェッペリン「天国への階段」。
悪人は天国へ駆け上がる?
 
戦乱に意味を与えるのもとして、
あるいは糾弾するものとして、D・ボウイ「ダイヤモンド・ドック」か?
 

殺戮の乱世に生まれた鎌倉仏教は、
同じく凄惨な殺戮を生きるアメリカ兵士、英国兵士でなければ解きえないものかもしれない。
殺傷を生きるアメリカ少年たちの「悪」は、
悪人正機、はたして「善」へと浮上できるのか?
 
 


 
『ひとを千人 ―ドラゴン6章―』小型化し、価格¥770、ドラゴン上下巻より大幅値下げいたしました。
奇怪が上にも奇怪な教理、悪人正機説に分け入るには、絶好のチャンス。
ぜひ、ご一読ください!
 
『ひとを千人 ―ドラゴン6章―』詳細ページ

Written by イガイガボン

at

Leave a Reply