イガイガボン

出版の(株)iga

根本明『海神のいます処』

without comments

根本明『海神のいます処』

ラリと海神に睨まれているようで、ぞくっと。

つい先頃まで
私、市川市行徳の野鳥観測所、界隈に居住。
鴨の大群を眺めておりました。

昨年鴨に再会をと参りましたら、
東京湾の方に鴨たちは行ってしまって
ここには戻らないと言われてガックリして帰って参りました。

イガイガ本の海神は、
いちいち地上に引っ張り上げたもの。
余計なこと、と海神本部は怒っていたかもしれない。

根本海神は全身に神の魅惑と謎とをまとって悠々とはい進む。
見事に美的な世界、見事。

以下、思潮社紹介文


 
海の彼方を幻視する

海神とは
長く欠落の、非在の謂い
喪失した風土のため像を結びがたいもの
そのま青な神域を臨めるだろうか
(「海神のいます処」)

東京湾東岸の風土に佇み、
歴史と記憶のヴィジョンを幾層にも重ねながら、
いつしかすべてが幻へと還っていく世界を描く。

本体2,500円+税
A5判上製・106頁
ISBN978-4-7837-3409-3
2014年5月刊

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , ,

Leave a Reply