イガイガボン

出版の(株)iga

知恩院

without comments

京都の法然関連の寺、知恩院と粟生光明寺を訪ねた。
知恩院は法然の高弟源智が建立、法然の遺骨を納めた廟がある。
源智は法然の高弟。
悪人正機説「善人なほもて往生す……」を法然発言として、記録した人。
歎異抄より、早い時期に書かれているので、おそらくはそれを見て唯円が書き写したかと思われるが、とにもかくにも、広大な寺であるのに驚いた。

知恩院

写真は山門、この上に上り詰めたところに法然の墓があるが、この山門、やたらに巨大でいかめしい。
なぜここまでに、いかめしいものを作ったのか、このようにして、がっしりと法然をまもろうとしたのか。

大雨。
粟生(あお)にある光明寺。これは熊谷蓮生の建立。
蓮生は元鎌倉武士、熊谷直実。これも又でかい。
他に金戒光明寺ほか、法然の遺骨を収める寺は多い。
京を追われた法然なのにこの墓の多さは、なんとしたことだろう。
京都中のこれでもかこれでもか、と法然の墓が広がる。

気がかりなことがあって、京都を訪ねた。
どの法然像もその人には似ていない。
法然はどこか丸っこくてがっしりタイプ。その人は細面。
女性的な体躯。法然像に似たものはない。
それならば誰だったのか?
 
 
ドラゴン in the Sea 上・詳細ページ


ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ

Written by イガイガボン

at

Leave a Reply