イガイガボン

出版の(株)iga

金の生まれる字「村尾さんの不思議」

without comments

金の生まれる字詩誌JO5創刊メンバーの一人、村尾輝子による、初の詩集『金の生まれる字』。
 
今回は、詩人、吉田ゆき子さんにお寄せいただいた、あとがきを全文公開いたします。
 
『金の生まれる字』に掲載されている村尾詩篇を丁寧に解説、また、村尾さんとのエピソードも紹介してくださいました。
ぜひ、ご一読いただければ幸いです。
 
 
 
 
 
 
村尾さんの不思議


吉田ゆき子        
 

村尾暉子さんとは一九八八年
「JO5 2号 変声期」で御一緒させていただいた。
メンバーは女性5人。
〈JO(女)〉5人という意味の同人詩誌であった。
編集者は阿賀猥。メンバーは毎号入れ替え。
 
JO5誌の集まりで暉子さんは、
「人から司馬遼太郎そっくりと言われるの。」とおっしゃる。
「ゲゲゲの鬼太郎にでてくる砂かけババに
似ているっていわれたこともあるのよ。」とも。
あっほんとだと思った。
 
彼女の髪が白髪でフサフサしているところから
白髪のライオンとおっしゃるかたもいる。
 
暉子さんと友人が新宿中村屋で
カリーライスを食べようとドアを開けた。
あいにく満席であった。
「いらっしゃい。」
あちらの席でイケメンがひとりで座り手招きしてくださる。
あそこでいいわね。
 
イケメンは、ふたりが席に着いたとたん
ノートとペンをとりだし暉子さんと
彼女の友人がおしゃべりしている内容を
サラサラとメモっている。
 
「こちらを観察しながらずっとメモをとっていたのよ。」と暉子さんが話していた。
カリーライスを食べおわり3人で立ち上がった。
「意外に背が低いわね。」
 
イケメンだったという男。
その男は三島由紀夫であった。
 

※ 
中村屋のメニューでは、カレーライスではなく、カリーライス。
レトルト食品でも中村屋の場合は、「インド・カーリー」など、
カレーではなく、カリーで統一されている。

 
*****
 
 
 
「お蔵」


 
絵のある詩である。
イマジネーションの豊かな暉子さんは、刺繍も得意である。
刺繍を添えたカレンダーにして詩を壁に飾りたくなる。
刺繍グループ展になんども出品している。
大きなバック。
タピストリー。
眼鏡入れ。
お財布に‥‥と楽しい刺繍である。
 
 
「何となくクリスタル」


 
本性はいくらカッコつけてみても透けて見える。
 

「いえ いえ クリスタルでございます」
「あら やっぱりガラスなの」
 なあんだと思いました

 
体裁の裏にある真実を暉子さんは鋭く突く。
 

「いいえ クリスタルでございますよ」

 
あまりに美しきスローガンはますますあやしい。
そのあと暉子詩は人を愚弄せず終連にもってゆく。
作品に人柄はでるものと思う。
 
iga編集部から、どの作品を載せたらよいか、
逆に載せてほしくない作品を選ぶように詩コピーがどっさり送られてきた。
2~30人が選んだそうだが
「キン、ギン、リュウ‥‥」は、ベスト3に入る人気作品だったらしい。
ちょっと毒を含むユーモアのセンス。
暉子詩のおもしろさだ。
 
 
「人は誰でも年をとる」


 
さらりと人生の深みを突く。
人生の季節をユーモアたっぷりに詩に読み込んでゆく。
 

私は五〇女を見ると薄汚いなと思います
やがて自分がもっと醜いことに気づき
坂を転げ落ちる気がしました

 
実感ありで言葉が迫ってくる。
 
 
「倫理社会は夢の色」


 
荒川洋治詩集タイトル借用。
 

よれよれの下着の方ばかりを褒めて
清潔な下着を着ると
まるでコドモだとけなすのだろう

 
人情のフシギに触れている。
暉子さんは荒川洋治の詩の教室に通っていた。
 

〈どうしても忘れられない。
 とにかく変わってる、不思議な詩だ〉

 
暉子詩に対する荒川洋治の詩評。
 
 
「息子」


 
リフレインが利いている。
読んでいてホロッとくる。
 

〈上の動物園 中のぼくんち 下の動物園〉
〈階段をのぼって行きましたし〉
〈入口を降りて行きましたし〉

 
上り下りは、人生の起伏を意味する。
 

〈上野は上りを〉
〈井之頭は下りに〉

 
日常から深淵をみつめる暉子さんの視点。
 

〈家を出て行ってしまいましたのに〉

 
変わってしまった時代感覚をなにげない言葉で暉子詩は語る。
勝ち犬負け犬というコトバが流行した時、なぜ普通犬がいないのだろうと思った。
 

〈上りはウエ〉
〈下りはシタ〉
〈中のぼくんちね〉

 
多くの日本人がそう思えた1億総中流時代の空気が心に響く。
今は格差が広がり人の足元に影を落とす。
 
 
*****
 
 
海岸で、JO5誌の集まりがあった。
彼女は満面の笑みを浮かべ海に浮かび、ある時は砂風呂を楽しんだ。
 
地元横浜・元町を花柄ストッキングを履きネックレスをつけてまっ赤な服で決める。
白髪ライオンヘアにピタッと合っていてオッシャレーである。
 
江戸東京博物館(会議室)で同人誌の朗読大会があった。
村尾、吉田、阿賀がひとりずつ谷敏行作曲の電子音楽と十亀脩之介のダンスで出演した。
変わったダシモノだった。
 

ある時八八才の婦人に会いました
 
その人が言いました
あなた 五七才なんて子供よ 羨ましいわ
(「人は誰でも年をとる」より)

 
暉子さんは88才になろうとしている。
笑顔は今もパワーがある。
 
 
 
 


吉田ゆき子


詩人
『スノー・チャイルド』紫陽社
『鼓膜の内外』思潮社

 
 
金の生まれる字・詳細ページ


Leave a Reply