イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘阿賀猥’ Category

戯曲「洪水伝説」を見る。

without comments

7月28日
群馬県高崎市にて支倉隆子作演出の戯曲「洪水伝説」を見る。
第9回・詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
 
支倉戯曲は目下大評判、みんな見てますよ、と言うので、
その皆になりたくて(?)、開演2時間前に早々到着。
 
喋ったり歌ったり踊ったりするにぎやかな人たち、とても元気な小さな点々たち。
そこへザンザンと降り注ぐ雨、また雨。
古代ユダヤの洪水が押し寄せる。
 
万事関せず、天ぷらを揚げ続ける主婦、これは私か?
食いさえすれば後はどうでもいい、微動だにしない?
ただしこの主婦以外は揺れ動く。
平和主義から軍国主義、三波春男、美空ひばりからビートルズへ、
善人から悪人へ、遂に遊星住民一斉に不良化して、洪水を待つ……
 
結局はこの揺れ動きで、つまりは変節で、
このあまりにもの「いい加減さ」で、洪水を制してしまうのだ。
変容し、ただ変転し、形をとどめないもの、
無のような透明なものは、捕らえることはできない、
捕らえられないものを制圧することはできない……
無慈悲、残忍なユダヤの神は敗退、雨はやんでしまう。
 
かってアジア全土を襲い、ほぼ制圧したユダヤの神。
フィリピンが、ベトナムが、大国中国が、それぞれの神々を捨て、
次々に国を失い、ついては国土の豊穣を奪われ
西欧諸国の収奪の餌食となる……
その惨状の中、ジャパン国だけが、生き延びたのと同じ方式か?

神もなく、哲学もなく、花魁(オイラン)、お釜(おカマ)、稚児が跋扈して
総出で踊り狂う堕落の巨大都市、大江戸。
諸国大名はいまだ平和300年の眠りの中、
武具の付け方さえ忘れ、出陣命令に従うことさえできなかった……
 
この無節操の故、この堕落の故、かってジャパン国は戦うこともできず、
さりとて、西欧のクビキを喉頸に巻き付ける面倒もせず、
かくてユダヤの神の劫罰も受容できず……
めでたきかな、劣等国日本。
ここに堕落のままに堕落のゆえに、健やかにありつづけている……
 
支倉戯曲から、ジャパン国の歴史まで、
それこれと思いを馳せる今日このごろだが、
ともあれ「虚」をここまで明確に肯定したものは、珍しい。
 
「虚」を肯定することで新しい視野を開いた見事な戯曲だ。
必見。
次回は12月、東京。

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記,阿賀猥

Tagged with

本を読む

without comments

韓国、中国問題。
TVでの喧々諤々パネルディスカッションに違和感があった。
とはいえ、よくはわからないので
図書館で日経新聞二カ月分をまとめて読んだ。

「今は日経新聞よ、これを読まなきゃ」
という人が最近、周辺には多い。
確かにTV世界とは一線を画している。
日経書評欄から、以下を購入した。

①『戦争という見世物:日清戦争祝捷大会潜入記』 木下直之著/ミネルヴァ書房刊
副題の「日清戦争祝捷(しゅくしょう)大会」とは、1894年、
日清戦争に大勝し、上野公園で信じられないほど盛大に催された
祝賀祭典のこと。

戦国写真画報付録東京市祝捷大会ポスター

写真は「東京市祝捷大会」のポスターだが、
この大会というのが、なんとも華々しい。
敵味方の兵士に扮した人々が大挙、不忍池に飛び込み
海戦の真似事、模擬戦争を展開。
清国、軍艦の巨大ハリボテが撃墜され、大歓声、花火……
それを当時の閣僚ほか、今でいう都知事まで、お歴々が観戦……。
皆で戦争を楽しんでいる。

もう1つは週刊文春書評から。

②『九月、東京の路上で』 加藤直樹/ころから社刊

『九月、東京の路上で』

関東大震災の最中、東京での韓国人虐殺事件。
当時の目撃者の記録を数多く紹介している。
例えば芥川竜之介が、かの悪名高い自警団の
一員となっての記録とか、初耳の話が多い。
菊池寛の切って捨てるような明快な見解とか、
鮮やかだ。

①、②の双方で驚いたのは、私たち日本人の勇ましさというか、
戦争好きというか、残酷志向……これがすざまじい。
イガイガボンでは、『豚志向』というミニ画集を出しているが、
果たしてその裏は残酷志向だったのか……。
強国日本、それも狂的強国日本を浮上させている。


夏目漱石に『満韓ところどころ』という紀行文がある。
漱石が満州に出かけての紀行文で新聞に連載されたもの。
古き中国の不可思議な魅惑をチラリと垣間見ることができて
胸踊らせたが、漱石自身の感想は、「汚い」だの「貧乏」だの、
イマドキのイジメ中学生と同じレベル、それだけ。

せっかく中国の遊郭、昔の日本でいう赤線地帯を訪ねているのだ。
この遊郭に二、三泊して、中国庶民の神秘の奥の院を
記録してもらいたかった。

――ボロボロの恰好の食うや食わずの男たちが、日がな一日、
必死で、ウグイスの美声に聞き入って動かない……
幼い美しい遊女と、遊郭に響きわたる銅鑼……

働け働けの中国共産主義が席巻する前の中国風景がちらり、
これをもっと知りたかった。


漱石といえば、イガイガボン新刊『ひとを千人』で、
そのものスゴい威張り写真に注目している。
皇帝とか王様とかでも、ここまで威張った写真は珍しい。
匹敵するのは、ルイ16世王妃、マリー・アントワネットくらいか?
当時、読売新聞文芸欄の主筆として漱石を訪ねた正宗白鳥も
漱石のあまりにもの威張りようにびっくり仰天の記事を書いている。
漱石のこと、丁寧にみれば、様々魅惑もあったろうに
「威張り」に隠れて何もかも消えていたのだろうか。


威張るのは、おおむね油断からである。
先々のことを考えると、そうそう暢気にいばってはいられない。
先々のことに手を打ってないから、とんでもない不幸にも見舞われる。
マリー・アントワネットは若くして首をちょんぎられたし、
漱石も、日夜、胃痛に悩み、五〇代の若さで死亡。
痛い痛いと苦しむ漱石の記述を読むと、こっちまで
あっちこっち痛くなってしまった。


最近のTVなどで見る韓国蔑視も、一つには
漱石風の威張り癖から来ているのではないか?
つまりは、先々を考えない無思慮からきているのではないか?

この無思慮が、中国侵攻の暴挙を導き、同時に
世界世論の日本人嫌悪を巻き起こし、一直線の敗戦、
大量戦死者の悲劇と前代未聞の経済的損失へと突き進んでしまった。
先々大損をしたくない人は、①木下直之と②加藤直樹を買って読むベし。


再び日経新聞。
日経紙は、セブン銀行の安斎隆氏の読書遍歴として8冊を紹介している。
セブンアイとなってますます絶好調のセブングループの親分かな?
ともかくその8冊の中から2冊。以下を購入したい。

・『上海時代』 松本重治/中央公論社
・『日本の禍機』 朝河貫一/講談社学術文庫

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記,阿賀猥

Tagged with ,

詩の虚言朗読会『恥』

with 3 comments

2014朗読会_「恥」

3月8日、山岡遊の第二回・詩の虚言朗読会『恥』に参加した。


会場は「カフェ・ギャラリー・シャイン」
埼玉県の、さいたま新都心駅の隣、与野駅で下車、
西口から左へ向かって徒歩30秒ほどの場所。

朗読は、杉本真維子、下川敬明、伊集院昭子、山岡遊、阿賀猥。

途中トークコーナーがあり、長谷川龍生も参加、にぎやかな夜になった。
まずは、山岡遊が311の原発被害から、東電を話題にした。
さんざんの害毒をまき散らし、大勢の人を悲惨の死に追いやった東京電力。
彼らの卑劣な言い逃れ、悪辣な隠蔽ごまかしは、世間をアッと驚かせた。
恥知らず……とはまさに彼らのための言葉。
「恥」を語るなら、まずは東電から、ということでの蓋開けか?


国をあげて死者を悼む。
全国、善男善女は一斉に声を上げて悼む。
文人詩人はここぞとばかり、身を振り絞って慟哭の書を書き連ねる。
なぜ、今頃?

危険は分かっていたはずだ。
特に原子力発電、亡骸を埋葬さえできない、恐ろしい悲劇、
そこまで泣くエネルギーがあるなら、なぜ事前にその危険を歌えなかったのか?
それ以前は知らんぷり、今頃になって泣きわめいても遅すぎる。
恥知らずといえば、これもまた、そうではないのか?


韓国に泣き屋、泣き女、という商売がある。
親族に代わって葬式で、ド派手に泣きまくって金をもらう。
家族親族は泣く力もない。明日をどう生きるか、お先真っ暗で黙り込む。
代わりに泣きまくる商売である。

嘆くのは簡単である。収益になる。
だがそんなことでは、死者は戻らない。
遅れに遅れた復興建設が早まる事もない。
被害者は住む家もなくて、泣く場所もない。

興遅延


住居は普通は1年以内で建つ、これが数年もかかるという。
なぜそこまで遅れるのか? 驚くべきことだ。
全くの防災無策のままに放擲していた東電内部のすざまじい頽廃、
隠蔽ひたすら隠蔽できた知る人ぞ知る東電内部の異様な腐敗と愚劣が、
東北復興メンバーの内部にも蔓延しているのではないか?


泣くのは簡単である。
だが摘発は簡単ではない。儲かりもしない。
それどころか、職をさえ失いかねない。うっかりすると命さえ落としてしまう。
だが恐るべき災厄を生んだ病根を探り出し、
その病根を叩きだす、これなくして復興はできないだろう。
災害に続いて、底なしの東電腐敗が東北を覆う。暢気に泣いてる暇はない。


泣き女といえば、遙か昔、ありし日のユダヤ国のユダヤ戦史を思い出す。
ひたすら嘆くばかり、誰も咎めない。不幸の源を摘発しない。

ひたすらの善、ひたすらの正義の民、ユダヤ……ユダヤと日本はよく似ている。
双方、20世紀、かたや600万、かたや300万の民をしっかり殲滅させられてしまった。
双方、正義と良心の国。常に正義と良心を唱道する。同声同音で、仲良く唱和する。
ある時は、ファシズムの旗の下で、ある時は民主主義の旗のもとで。

ひょっとして「正義」は、
又「良心」とは、
恐ろしいモノではないだろうか?

Written by イガイガボン

at

新刊『ひとを千人』について

without comments

新刊「ひとを千人 ードラゴン6章ー」
 
内容は、イガイガボンシリーズ「ドラゴンin the Sea」下巻、6章から。
特に親鸞法然の悪人正機説にスポットをあて、
大幅改編し6章を補間増量、手に汗握るスリリングな内容になった。
 
悪人正機説といえば、親鸞、嘆異抄。
だが、ここには悪人が登場しない。
 
海で魚をとる漁師、山で獣を狩る猟師、
なるほど、殺傷がナリワイだが、その大昔から
彼らが、悪人とされたことはない。
 
千人万人殺す武将にしても同じ。
田畑を家々を領地を守る武将を乱世の人々は、
より一層、大事としたはず。
古今東西、彼らは、悪人とされたことは事がない。
嘆異抄だけが、そんな彼らを、悪人として恐怖するのか?
 
そんなはずはない。
ひょっとして嘆異抄は、あるいは親鸞は、
悪人正機説を解読できなかったのではないか?
 

なぜ、悪人が善人より、いいのか?
 
平安から鎌倉、乱れに乱れた戦乱に浮上した、奇怪な教理を、
はるか時を越え、現代英国デイヴィッド・ボウイ、
レッド・ツェッペリンの歌詞から解きほぐしていく。
 
兵士となって中東へ、またベトナムへと向かった少年たち。
戦乱をいきる彼らを支えるものとして、ツェッペリン「天国への階段」。
悪人は天国へ駆け上がる?
 
戦乱に意味を与えるのもとして、
あるいは糾弾するものとして、D・ボウイ「ダイヤモンド・ドック」か?
 

殺戮の乱世に生まれた鎌倉仏教は、
同じく凄惨な殺戮を生きるアメリカ兵士、英国兵士でなければ解きえないものかもしれない。
殺傷を生きるアメリカ少年たちの「悪」は、
悪人正機、はたして「善」へと浮上できるのか?
 
 


 
『ひとを千人 ―ドラゴン6章―』小型化し、価格¥770、ドラゴン上下巻より大幅値下げいたしました。
奇怪が上にも奇怪な教理、悪人正機説に分け入るには、絶好のチャンス。
ぜひ、ご一読ください!
 
『ひとを千人 ―ドラゴン6章―』詳細ページ

Written by イガイガボン

at

第二回・詩の虚言朗読会『恥』予告

without comments

第2回・詩の虚言朗読会『恥』第2回・詩の虚言朗読会「恥」

配布チラシ、イラストはTosaki Ayako
これは・・・ストリップですね!

単純な恥なのか、
それとも恥を演じる、確信犯としての恥なのか・・・

恥は羞恥心、節度や秩序を持っている事の裏返し。
はたして、「恥」に対する虚言朗読とはどのようなものか。

阿賀猥は、長詩「羊の国の恥の女神」を朗読。
舞踏家・十亀脩之介も共演。
潮上聡史の作曲音楽で、どのような女神様が登場するのか!
ご期待ください。


 
出演詩人は、
阿賀猥
杉本真維子
下川敬明
伊集院昭子
山岡遊

 
 
開催日時は
2014年3月8日(土)
午後6:00開場~6:30開演

会費:2000円(1ドリンク付き)
 
会場は、カフェ・ギャラリー・シャイン(Webサイト)
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
京浜東北線・与野駅(Googleマップ)
ロータリーのある西口から出ていただき、
駅沿いに左へ進むと、右手にレンガ造りの建物がございます。
「SHINE(シャイン)」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。

 
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045

ご来場、心からお待ちしております!
 
 
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

Written by イガイガボン

at

ミニ本『豆蔵1』『豚志向』

without comments

目下準備中の小さなミニ本2点をご紹介。

『豆蔵1』表紙

『豆蔵1』表紙


戸沢英土 エッセイ集『豆蔵1』
 
『ドラゴン in the Sea』でお馴染みの
戸沢英土エッセイミニ本。
 
かつて詩誌JO5に掲載、人気を博した「リカちゃん音頭」など、評論みたいだけれどチト奇妙な、いや、とても奇妙なエッセイを3編。
 
 

豚志向表紙

『豚志向』表紙


阿賀猥 もも色の蛤 ミニ画本『豚志向』
 
阿賀猥詩集『真実のお多福豆』から
詩篇「豚志向」をFlashゲーム化。
そのゲームをミニ画本に仕上げました。
 
共に8月末刊行予定。

Written by イガイガボン

at