イガイガボン

出版の(株)iga

ドラゴン in the Sea 下

with 7 comments

ドラゴン in the Sea 下分類:対談本
著者:阿賀猥 戸沢英土

出版:(株)iga
販売:(株)星雲社
発行:2012年10月
判型:B5 200P
ISBN978-4-434-17081-2
C0020 ¥1400E
 
定価1,400円+税


かの梅原猛を「ニーチェを思わせる」
感服させた対談本の下巻が遂に完成。

東西2500年にわたる学術書、奇書、教典に底流する
「詩」を拾い出し、現代を追跡する。

竜樹の『中論』アダム・スミス『国富論』が依拠した
マウンドビルの『蜂の巣ブンブン…』法然の日本哲学。

ロレンス『黙示録論』……それぞれの時代を牽引する
数々の『詩』の隙間を蛇行して進む奇書の群れ。

『サテューリコン』『一万一千本の鞭』『大菩薩峠』……
これらが歴史の暗部を穿ち、世界の謎を解いていく。

性愛の詩人が背後に抱え持つ世界を探り、
奇書、名著の原典を豊富に引用、
文明の暗部と脆弱をえぐり出す。
 
 

もくじ

 
4章 越境 10


  1. 集合無意識と風立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    梅田智江『変容記』と中本道代『ミルキー・メイ』の太陽の筒
    →ユング『元型論」
    →フリーダ・ロレンス『私ではなくて風が…』
  2. 異次元世界立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ユング『続・元型論』
    →太古の浮遊生物か?竜之介、お銀さま
    →宮澤賢治「大菩薩峠の歌」
  3. 近接する異次元立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    「私」はゴカイ?蟻?カエル?
    →古代人の自己認識
    →ケレーニイ『神話学入門』が説く曼荼羅
  4. 童児神立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ユング『続・元型論』
    →フィンランドの叙事詩『カレワラ』
    →「惑星ソラリス」
    →プラトン「想起説」
  5. 女王さま立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ユングとナチス
    →集団自我
    →天使的人物か?ナチス収容所所長ルドルフ・ヘス
  6. ロレンスVS天使立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    D・H・ロレンスの『黙示録論』
    →エドモン・ジャペス『問いの書』
    →ロレンスのユダヤ嫌いとケツァルコアトル
  7. 新型の愛立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    レンブラント「イサクの犠牲」とアリス・ミラー、幼児虐待
  8. 棘皮動物立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    棘皮動物∨Sフーコー『自己のテクノロジー』
    →フロイトが言う依存関係
    →ロレンス『翼ある蛇』の闘牛場面
    →ユダヤの燔祭とホロコースト
    →小羊はどこに行くのか?
  9. ヒゲとヒトラー立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ヒトラーのヒゲ、プルーストのヒゲ
    →ヒトラーの清楚で美しい母クララ
    →ヒトラー「みんなにお婿さんを見つけてあげますよ」

 
 
5章 右足左足 50


  1. 更ニ更ニ卑シキトキハ……立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    タブツキ『ベアト・アンジェリコの翼あるもの』
    →ロレンス『カンガルー』、下半身の自己
    →フロイト「個人は自己の遺伝質の附属物であるにすぎず……」
  2. 『ふたりの真面目な女性』立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ジェインの神とヘンリー・ミラーの神
    →ポール・ボウルズ「シェルタリング・スカイ」
  3. メフィストフェレスの敵立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ファウストの善悪・マルガレーテ昇天VS破壊と火の新約聖書、黙示録
  4. 右足左足立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    二人の女性の待ちの姿勢
    →サテュリコンの二人旅
    →アポリネール『一万一千本の鞭』が開く現代絵画の起点
  5. 根こそぎの二人立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ミスター・チルドレン
    →エミリ・ブロンテ21歳、根こそぎ散文とアポリネールのハチャメチャ詩篇
  6. 『嵐が丘』のカマキリ愛立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    エミリの愛の方式
    →根こそぎ風カマキリ愛
    →十亀脩之介・朗読舞踏「変形型恋愛天虫色模様」
  7. ゴンダル詩篇立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    共同体と旅人
    →キャプテン・クックとタブー
    →エミリと兄ブランウェル
  8. 豺狼と神々立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    豺狼としての神
    →エミリとハンス・ヘニー・ヤーンの恐ろしい神
    →エミリのニセ苦悶
  9. 酸っぱいブドウ立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    『アマデウス・シンドローム』
    →エミリ・ブロンテの報われない愛
  10. そして右足左足立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    龍の声に従うペトロニウスの足、アポリネールの足、ジェインの足……

 
 
6章 ドラゴン悪 88


  1. 気味の悪い「愛」立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    へニー・ヤーンの愛の一瞬
    →映画「戦場のメリー・クリスマス」の愛
  2. 女性性悪説と仏教の盲点立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    インド民話『パンチャタントラ』
    →『マヌの法典』
    →リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』
    →法然『選択集』
    →町田宗鳳の法然解釈
  3. ドラゴン悪立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    田中於菟弥『インド・色好みの構造』
    →古代インド―女性たちの命がけの悪
    →機械文明とポール・デルヴォー
  4. 善人天国立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』
    →漫画『パタリロ』
    →セシュエー『分裂病の少女の手記』
    →デヴィッド・ボウイの機械人間「ダイヤモンド・ドッグス」
    →原子爆弾リトル・ボーイ
  5. トカゲの欠落、春樹の欠落立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    T・S・エリオット「うつろなる人々」
    →欠落?削除?
    →木村ユウ、僕はもうテレビは見ない
    →春樹、洗練されたずるさ
  6. 男旅人立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    エミリ・ブロンテの兄、ブランウェルの詩
    →共同体から締め出されたフーテンの寅
  7. 女旅人立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    山本周五郎『虚空遍歴』
    →アナイス・ニンの大ヒット、ポルノ小説
    →鹿島茂『オール・アバウト・セックス』
    →AⅤ男優が語るA∨女優(『アダルトビデオジェネレーション』)
  8. WC TO WC そしてボウイ立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    世界をめぐり繋ぐWC、中本道代「現象Ⅱ、阿賀猥「河の起源」
    →旅人ボウイ「STATION TO STATION」の広域世界
    →鴨長明
  9. 法然、親鸞 VS 明恵、清浄心立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    明恵『摧邪輪』VS法然『選択集』
    →親鸞『教行信証』
    →『餓鬼草紙』
  10. 『地獄草紙』と経済問題立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    明恵「あかあかや…」
    →法然「一枚起請文」、「和語燈録」

 
 
7章 輝きのイチゴ大福 142


  1. ニンフに化けたドラゴン立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    デルヴォー「水浴するニンフ」
    →平和の裏側、平和の塔
  2. マリリン・マンソンと「いじめ」立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    不気味なメークのマンソンとその素顔
    →法然とマンソン
  3. アメリカの小説立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ぐっと低級に、ヘンリー・ミラー
    →ハンター・S・トンプソン
  4. 親鸞の海、エミリの海立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    親鸞「和讃」、ドラゴンが守る警備万全の海
    →浄化するエミリの便利な海
  5. 永久に生きたい二人立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    親鸞・還相回向
    →エミリ詩篇、「不滅の生命たるわたしは……」
  6. 龍樹、幻覚の不滅立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ノヴァーリス『花粉』
    →龍樹の長編詩『中論』
    →創聖のアクエリオン
  7. 龍樹と宇宙物理学立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    ガモフ『不思議宇宙のトムキンス』
    →山内得立の名著『ロゴスとレンマ』
    →レンマと鰻
    →龍の論理、「幻覚原論」
    →エミリの岩と「君が代」の岩
    →竹内薫の「モノ」と「コト」
  8. 自足するイチゴ大福立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    左川ちか「死の髯」
    →異次元と日常
    →映画「羊たちの沈黙」
    →映画「ラスト・エンペラー」
    →映画「天使の涙」
    →オタクと孤絶
    →孤絶の幸福
  9. 『大日本帝国の子どもたち』立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    教科書の中の子供たち∨Sアンリ・ルソーの子どもたち
  10. 『嵐が丘』といじめ問題立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    作者は兄ブランウェル?
    →エミリが隠した愛の詩篇
  11. ドラゴン方式立ち読みできます!ぜひ御覧ください!
    いじめ解決策としてのドラゴン方式
    →別の感性としての幸徳秋水、小林多喜二
    →マリリン・マンソンと奥村真
    →民主主義といじめ

 
 
 おわりに


  1. 梅田智江「妖花記」立ち読みできます!ぜひ御覧ください!

 
 

著者紹介

 
阿賀猥


 
宮崎県出身。
 
 詩集
  『猥について』
  『アガシ1988』(以上 紫陽社)

  『ラッキー・ミーハー』
  『揺るがぬヘソ曲がりの心』
  『山桜』
  『ナルココ姫』(以上 思潮社)

  『真実のお多福豆』(文芸社)

  『転生炸裂馬鹿地獄、割れて砕けて裂けて散るかも』(七月堂)

 評論集
  『不まじめな神々』(詩学社)

 朗読CD
  『猫又猫七そして猫姫』(七月堂)

朗読者としては、第一回・詩のボクシングにゲストで登場、ねじめ正一と対戦し、観客を湧かせた。
主にロック演奏家と共演してきたが、2004年、舞踏家十亀脩之助との朗読舞踏で「津軽じょんがら節」をBGMに採用、以後、津軽三味線との共演を試みている。
 
 
中本道代


 
ミステリアスな詩集で知られるが、格調の高いエッセイでも定評があり、東京新聞など、多方面に散文を寄稿している。
作品は、一見穏当だが、仏典や哲学への造詣に裏付けされた重厚さを合わせもつ。
 
 著作
  『春分 vernal equinox』
  『黄道と蛹』
  『花と死王』(丸山豊記念現代詩賞受賞)など。(以上 思潮社)
 
 
戸沢英土


 
漫画家。本稿では挿絵も担当する。
早大中退。
さまざまな努力を水の泡にする習癖がある。
漫画作成のほか、絵画、詩篇、エッセイも作成する。
ロックが背後に持つ思想について造詣が深い。

 著作
  詩集『壁を破る』(私家版)
 
 

 

 
 
 
 

7 Responses to 'ドラゴン in the Sea 下'

Subscribe to comments with RSS or TrackBack to 'ドラゴン in the Sea 下'.

  1. […] 梅田智江さんは、世界各地をキャンプしながら飛び回っていた人。 写真は、ガン発見、闘病中のものだが、どこか童児を思わせる人。 いつも細い目を糸のようにして笑っていました。 この世界は、梅田さんだけの世界なのか? 梅田さんしか見えない世界なのか? ドラゴン in the Sea 下巻では古代ヘルメス世界まで、遡って梅田詩編の謎に迫ります。             ドラゴン in the Sea 上・詳細ページ   ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  2. […]   ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  3. […]   ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  4. […] ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  5. […] ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  6. […] ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ […]

  7. […] ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ                   […]

Leave a Reply