イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘猫姫’ tag

新刊『豚=0』10月14日(月)全国書店で販売開始!!

without comments

イガイガボン・シリーズ第13弾、
『豚=0 博徒の論理』

今回はちょっと小型。
かわいい。
ハンドバッグにも入る。
だが
中味はそうそう簡単ではない。

冒頭「豚志向1」。
絢爛豪華だが、ひとすじ縄ではいかないのが、イガイガ本。
なぜこんなにも絢爛豪華に変貌するか!と驚く。
謎も多い。マントを着た紳士はいったい何者なのか???

後半、ふくよかな豚女性の突然の変貌。
その形相が凄まじい。
なぜ彼女は檻の中にいるのか?謎なのだ。

作画は、もも色の蛤(ハマグリ)。
エログロだと掲載反対もあったが、
ここまでの豚を描ける人はいない。

後半は副題「博徒の論理」
前作イガイガ本「民主主義の穴」で好評の阿賀猥。
女性読者からの熱烈賛同の声に答えての続編にあたる。

豚という生き物はやはり簡単ではない。

「豚=0」、

 池下和彦さんから感想をいただいた。
— 一切なにものにも囚われないふうの文章が圧倒的に好い。息をのむほどに好い。また文章から自由イラスト(画)が好い、すこぶる好い。なまじ下手ウマではなく、ウマウマのところが潔い。—

 ※ 小笠原真さんは、散文「イマセ」について。
ーー何がどうということもなく、浮世絵的なエロスを醸し出し、気がつけば呵々大笑、脳天がパクリと割れて、満点のお空にスターマインが炸裂しているのです。LSD的ドラッグ文学に通じると言っても過言ではありませんーーー

 ほか魅惑あふれる感想の数々。むしろ「豚=0」の現物より読み応えがあり、魅惑された。 猫又猫七もびっくりしていることだろう。
 
 ■裏話 
まずはもも色の蛤の挿絵が問題であった。初めに登場する※絢爛絵巻きの「豚志向」。
 何年も前に作成されたものだが、かくまでのエロエロ絵画は出版すべきではない、とスタッフ全員猛反対、ずーとお蔵入りになっていた。
 ならば北軽井沢イガイガランドの絵画展示場の天井に貼り付けようと※なったのだが、これではエロエロに押し潰されそうで怖い。 オッパイもかくまで大量にドカンドカンと垂れていては、大砲のようではないか!

 なんとかエロエロを誤魔化して、出版したいと思い立ち、阿賀猥の駄文、猫又猫七を担ぎ出してみた。猫又猫七の肖像画も添付するが、イガイガ本にはおなじみの連中である。


谷敏行(作画)


谷敏行(作画)

 猫七は険悪な顔をしているが、実は男前。ゆくゆくは若き辣腕女社長の花婿になる男で、常にコソッコソッと日陰を歩いているものの、寸分隙のない出で立ちのワル猫。裸踊りの名手。
 このワケ分からん2匹とモタモタしてるうちにもも色の蛤のエロさも忘れてもらう、という寸法だ.

◆悪猫
なぜ悪人びいきか? との質問もいただいた。

ーーー色んなことがありましたが、私は誰もが、 心底は善人であると信じています。

 これは、アンネ・フランク。
 アンネはアホだといいたいのではない。これは本当ではないだろうか? アル・カポネだって例外ではない。おれは善人だと言っている。
 ではどうしてあんなひどいことをやってしまうのか? そしてまた、どうしたらアンネは逃れられたのか?
 善人であってはいけないのでは? ドイツの人もアンネも善人であってはいけなかったのではないか? つまり、豚ではまずかったのではないか? 

 猫又猫七とまでは言わない、せめて猫であったら、と思う。それなら逃げられたのではないか?
 
 ?? ちとややこしい ??

 こういうのはインテリ猫、猫又の十八番だ。今度の時に猫又に聞いて欲しい。プレデイアス星雲随一の頭脳ともいわれた猫又だが、ここ限界古星地球でそれが通用するかどうか疑問である。
(2匹は遠方の星雲から帆かけ船でやってきたのだ)

 
◆ CD
 猫又猫七に関しては、「猫又猫七そして猫姫」というタイトルでのCDがある。これは肥満猫の猫姫を入れた3者の三角関係を描いた詩編をもとにした音楽伴奏つきの朗読CD。七月堂制作とイガイガ本制作と2種類ある。
 イガイガ本の方は、舞踏家十亀脩の介での朗読舞踏の公演からのもの。雄大な津軽の風景を背景に、津軽三味線奏者、疾風が作曲演奏、これが素晴らしい。

 録音制作は疾風の兄貴分吉田兄弟。単行本「猫姫」の付録として添付している。

 CDは以前は日本橋丸善で見かけた事があるが、だいぶ日がたっているので、入用の際はイガイガ本まで。


七月堂 制作


イガイガ本。吉田兄弟 制作

Written by イガイガボン

at

大橋可也&ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」告知

without comments

 
大橋可也&ダンサーズによるダンスワーク最新作、
「ザ・ワールド シーズン2」をお知らせいたします。
 
ダンサーズメンバー3名には、渋谷クロコダイル朗読舞踏
「船」(イガイガボン『NEKOHIME(猫姫)』収録)にて
熱演いただき喝采を博しました。
 
大橋可也(カクヤ)氏は明眸皓歯、端正で静かな風貌、実は元軍人。
次々に繰り出す華麗大胆なパノラマ世界は、
いったい彼のどこから出て来るのでしょうか。


 
 
大橋可也 &ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」
 
大橋可也&ダンサーズ「クラウデッド」
Flyer(PDF)
Pressrelease(PDF)
 
構成・演出・振付:大橋可也 
ドラマトゥルク:長島確
出演:白井剛(ヘヴィメタルのみ)


 

散歩型公演 雲の影を追いかけ まちを横断する「クラウデッド」
 
日時:3月20日(金)21日(土)22日(日)15:00~18:30頃 
出発地点:SNAC 江東区三好2-12-6-1F 清澄白河駅徒歩3分
 
14:00~16:00までに出発地点にお越しください。
受付後、散歩しながら複数の会場でのパフォーマンスを体験していただきます。
パフォーマンスの合計時間は1時間30分程度、移動に要する時間は1時間程度、
終演は18:30頃を予定しています。時間に余裕を持ってお越しください。


 
 

劇場型公演 爆音と静謐がせめぎあう「ヘヴィメタル」
 
日時:3月25日(水)26日(木)19:00開演
会場:江東区文化センターホール 江東区東陽4-11-3 東陽町徒歩5分
 
開場は開演の30分前。終演は20:30頃を予定しています。


 
 
詳細こちらから
 
 
ご取材等のお申込み・お問い合わせ先
大橋可也&ダンサーズ 制作:坂上翔子・小林あずさ
office@dancehardcore.com
Tel :03-6905-9264 Fax :03-6905-9264 


 
 
大橋可也&ダンサーズ


http://dancehardcore.com :Facebook :Twitter

Written by イガイガボン

at

第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』を終えて 2

with one comment

12月、2つの朗読会に参加した。

12月6日参加は、山岡遊主催、第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』
まずは、山岡遊のゴソゴソと這い出て、挨拶代わりか太い声で、ガンガンと唸って開始。

参加朗読者には、下川敬明氏のように、流れるように美しい詩編も混じるが、
大半はどこか主宰の山岡モード。

破天荒で荒削り、グングンと強力に自身を押して行くのが特徴。

細田傳造氏、府川雅明氏など、「今」を切って、切り開いていくが、
切り方は正に野武士の軍刀、会場を爆笑させながらのおおらかな味でたのしませてくれる。
途中、短編映画も上演。バラエテイに富んで、退屈させない。
 

「目下は皆して保身保身で、何も言わない、何があっても見ないふり、山岡朗読会だけが違う。
バカのフリして、馬鹿を盾に何でもかんでも言いまくる、沖縄問題、東電災害……
何でもありの山岡朗読会、山岡さんって、ああ見えて賢いんですよ」

 
これは、山岡朗読会というと毎回参加、舞踏を熱演する十亀脩之介の意見。

さて我らイガイガボングループは、この舞踏家、十亀脩之介が奇怪なる飽食の姫君に扮して踊りまくる「猫姫」を7年ぶりに再演。
十亀が大柄、屈強強靱な身体を豪華絢爛たる姫様衣装に包んで登場。
まずは笑いを巻き起こし、猫又役の吉田ゆき子氏、猫七役の高梨浩二氏を従えて、
にぎやかな舞台となった。
 
『死(詩)の国』__001
写真は左から、十亀、吉田、高梨。
『死(詩)の国』_005
 
『死(詩)の国』_003
 
曲は津軽三味線の若手ナンバー1グループ「疾風」の『吹雪』から。
作曲の小山内薫が猫姫用に編曲。
元々は全編、吹雪の最中の刻々と変化する雪の有様を精妙に克明に写しとったもの。

病気治療で、津軽の病院に通院の時に吹雪に遭遇。
あまりの美しさに車窓に釘づけとなったことがある。
それがそのまま小山内薫の三味線曲となって蘇っているのに驚いて、言葉をつけた。

地を掘り返し、蹴り上げて、舞う雪の群、
全てを「白」で圧殺して、消し去っていく、北国の大自然……
繰り返して聞いているうちに、飽食の現代が雪の幻覚として舞いあがり、
空を駆けて行くのが見えてくる。
  
音楽CDは、『疾風』というタイトルで販売中。

もう1つは12月14日、支倉隆子主催、第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』内、ポエーマンスに客演。
山岡遊朗読会とは、対照的なコンセプトか?
 
次回に詳しく紹介したい。

Written by イガイガボン

at

第19回 朗読会「漂泊する声、ポエジーの港」

without comments

朗読会のお知らせです。
 
第19回クロコダイル朗読会

「漂泊する声、ポエジーの港」

第19回クロコダイル朗読会 漂泊する声、ポエジーの港

 

出演

 
詩:石川厚志
音楽:清水悠(ギター)
 
詩:森本孝徳
 
詩:八潮れん、オルファ・ベルーマ(仏語朗読)
音楽:マルコス・フェルナンデス(パーカッション)
 
詩:渡辺めぐみ
 
詩:阿賀猥
舞踏:十亀脩之介、ゴールデン鈴木、吉田ゆき子、湖上聡史
 
詩:浜江順子
 
詩:有働薫
 
トーク:池井昌樹、佐川亜紀、石田瑞穂
 
詩:石田瑞穂
音楽:石井草実(エレクトリック・ギター)
 
詩:佐川亜紀
詩:池井昌樹

渋谷クロコダイルマップ

渋谷クロコダイルマップ

 
10月14日 体育の日(月曜祝日)
 
開場:pm 12:30
開演:pm 1:00(終了:pm 3:40)
 
 
場所:クロコダイル TEL03-3499-5205
料金:2,000円(ワンドリンク付、当日券のみ)
 
お問い合わせ:浜江 TEL042-582-0938
 
後援:思潮社
 
 


 
NEKOHIME(猫姫)阿賀猥組の演目は、
イガイガボン『NEKOHIME(猫姫)』掲載の
極悪人「小男スタン・ノーフォーク」。
 
舞踏家、十亀脩之介、ゴールデン鈴木らと
阿賀猥による、朗読舞踏をお楽しみください。
 
 
 

NEKOHIME(猫姫)

with 2 comments

NEKOHIME(猫姫)分類:詩集+三味線朗読CD
著者:阿賀猥 疾風
 
出版:(株)iga
販売:(株)星雲社
発行:2011年9月3日
判型:A5 75P CD6曲
ISBN978-4-434-15936-7
C0073 ¥1700E
 
定価1,700円+税


若手三味線奏者「疾風」
現代詩の「阿賀猥」が共演したCDブック。
 
各地の公演で喝采を博した5曲をCD収録するほか、
作曲りや津軽三味線についての多様なエッセイをまとめている。
 
 

ご感想

 
比川末美さまより


 
ページをくくると現れた、雪の中で三味線を弾く三人の若い男性。
作品「野原で」の、老いた人間の本質を書いた詩行。
(実は、私の母87歳も、歩くこと立つことを忘れベッドに横たわっています。)
そして、津軽(東北全体?)の雪が上から下へ降るのではなく、「上に跳ね上がり、斜めに滑り、舞う」こと。
鶴屋南北から始まる人間の「愛」について書きながら、阿賀さんの父親のことへの衝撃。
スタン・ノーフォークという人間を通してイギリスを見つめた文章。
衝撃的な「紅葉天国」等々、心臓がおどるような一冊でした。
阿賀さんの明朗でうねるような声と三味線のコラボ、打たれました。
すばらしい一冊に乾杯!です。
 
 
 
青山かつ子さまより


 
「猫姫」を拝見拝聴しました。
実におもしろく、阿賀さんの語りは腸の奥底までじんわり染みこんで参りました。
独特なリズム、抑揚、そして津軽三味線、軽快でありながらどこか重く、民話の世界に入りこんだような不思議な魅力を感じました。
見事な語りと三味線のコラボ、堪能しました。
 
 
 
詩誌ガーネット・高階杞一さまより


 
津軽三味線をバックにした朗読CDブック。
それぞれの作品には製作に至る背景が付されていて、それがまたひとつの物語のようになっていておもしろい。
例えば次のような具合。

私の父は、時にふと深刻な顔をして、
「飢饉になって食い物がなくなったら、
俺は子供を食うだろう」と言ったそうである。
「とは言っても血のつながった子供より、
まずは私を食うに決まっている。
ああどうしよう、私を助けておくれ」
と母は声を潜めて言うのであった。
母は母で子供の安全どころかまずは、わが身。
「さあ皆、私が襲われたら、わが身は捨てても、
ちゃんとお母さんを守っておくれ」
ということであった。
(「猫又猫七そして猫姫」の解説より)

朗読の方は、作者の独特な語りが三味線の音と溶け合って、聞く者を異境に誘い込む。
演奏は若手津軽三味線ユニット「疾風」。

猫姫山は、ただ吹雪
昨日も今日もただ吹雪
雪舞い狂い、風ひるがえる
その風は猫七か?
その雪は、猫姫か?
(「猫又猫七そして猫姫」より)

 
 
 
吉田ゆき子さまより


 
岩木山から風が吹いてくるようです。
スピード感あふれる演奏。
地の心が伝わる「疾風」と思います。
 
 
 
匿名の方より


 
「野原で」はショックです。
私が94歳になったとき、こういうふうに毅然としていられるかしら? と思ってしま
いました。
東日本大震災から立ち直ったかのような津軽三味線に圧倒されました。
 
 
 

もくじ

 
詩 4


  1. 猫又猫七そして猫姫 -岩木山縁起-
  2. 小男スタン・ノーフォーク
  3. 野原で

 
 
エピソード 17


  1. 猫又猫七そして猫姫
  2. 小男スタン・ノーフォーク
  3. 野原で

 
 
シャミセンと朗読 43


  1. 阿賀猥の詩と朗読
  2. シャミセンシ
  3. オッ、疾風!

 
 
その他 55


  1. 津軽三味線 A to Z
  2. 岩木山

 
 
プロフィール 65


  1. 作曲と演奏・疾風
  2. 詩と朗読・阿賀猥

 
 

CD NEKOHIME

 
朗読 阿賀猥
演奏 疾風


  1. 猫又猫七そして猫姫
  2. 小男スタン・ノーフォーク
  3. 野原で

津軽三味線 疾風
津軽三味線 疾風

 
 

著者紹介

 
阿賀猥


 
詩集、評論集など多数出版。
詩集「山桜」「転生炸裂割れて砕けで裂けて散るかも」
評論集「不まじめな神々」
詩とエッセイ集「ラッキー・ミーハー」などがある。
朗読者としては、第一回・詩のボクシングにゲストで登場、ねじめ正一と対戦し、観客を湧かせた。
主にロック演奏家と共演してきたが、2004年、舞踏家十亀脩之助との朗読舞踏で「津軽じょんがら節」をBGMに採用、以後、津軽三味線との共演を試みている。
 
 
 
疾風


 
津軽三味線・吉田兄弟の弟、吉田健一が全国の三味線奏者の中から優秀者を抜擢して結成。
奏者は全員20代後半だが、酷寒の東北で門付けをしながら演奏をおこなってきた。
津軽三味線特有の強力な音、激しいリズムによる見事な演奏を繰り広げている。
 
 
NEKOHIME(猫姫)

 

 
 
 
 

Written by イガイガボン

at

第18回クロコダイル朗読会・朗読舞踏

without comments

2012_stage001

第18回クロコダイル朗読会
「ワニの背中に字を並べる」にて
上演した朗読舞踏をご紹介します。
 
【舞踏】
十亀脩之介/ゴールデン鈴木
 
【朗読・誌】
阿賀猥
 
2012_stage002

『猫又猫七そして猫姫』
―岩木山縁起―


猫姫の悲しみ 猫七はどこに
愛しい猫七、貴方はどこに?
帰っておくれ、帰っておくれ
猫七猫七、私の猫七
猫又は言う 猫七など、猫七など
忘れなされ、忘れなされ、猫七など
稲穂は黄金に、輝き騒ぎ
今は9月、風さわやかな9月
天高く、空澄み渡る9月
なぜ猫七など!
猫七の悲しみ うるわしの姫を思いて
うるわしの姫のために
ただ泣き濡れしこの6月、この7月、この8月
そしてこの9月、むなしきはこの9月
とうとう秋になりました、猫姫、猫姫

2012_stage004


猫姫の笑い
猫姫は笑う、なぜか猫姫は笑う
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ
なぜ笑う? なぜ笑う?
ハテハテ、ハテハテ、 ハテハテ、ハテハテ
なぜ笑う? なぜ笑う?
猫又は首を傾げる
猫又は万事構わず、吠えに吠えまくる
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ7匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ8匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠えまくる
猫七は泣く 俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
生まれも素性も下の下の下、ゲのゲのゲ
下の下の下、下の下の下
猫又はまたまた、吠える
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ8匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ9匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠え、猫姫は笑い続ける
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ

2012_stage003


猫山村の猫姫御殿、猫姫はネズミをお食事
1匹、2匹、3匹、4匹、5匹
6匹、7匹、8匹、9匹
ブクブクブクブク 猫姫は肥える
ブクブクブクブク 岩のように、山のように
猫姫は肥えに肥え太り
今は山、うるわしの猫姫山
猫町四丁目ドブ板通り
猫七はドブネズミを追う
飲まず、食わず、ただひたすらにドブネズミを追う
毎日、毎日、毎日、毎日、毎日 ……
毎日、毎日、毎日、毎日、ドブネズミを追う
やせ衰えて、今はもう紐のように、糸のように
ただホソホソと風に漂う
今は冬 猫姫山は、ただ吹雪
昨日も今日もただ吹雪
雪舞い狂い、風ひるがえる
その風は猫七か?  その雪は、猫姫か?

2012_stage005
 
 
 
2012_stage006
『石』
 
わたしは道で白い石をひろった
なぜ?
なぜ白い石?
わたしはその石を抱いて
凍てつく道を通って
風の国へ帰った
風の国、誰も知らない風の国
わたしの石
風の中の私の石
わたしだけの白い石
わたしはその石を愛し
その石の中で眠り
その白い石のために泣いた
わたしは生きて行くことができなかった