イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘高階杞一’ tag

新刊『民主主義の穴 ―法然からトランプまで―』

without comments

著者:阿賀猥
 
出版:(株)iga
販売:(株)星雲社
発行:2018年1月
判型:A5 207P
ISBN 978-4-434-24035-5
C0095 ¥1100E
 
定価1,100円+税


 
 

正義の穴、
 
理念の穴
 
感性の穴、
 
世界の穴
 
 
穴の中の民主主義


 
 
 
民主主義? 共産主義? そんなものに頓着するだろうか。
甘い甘い麻薬のように甘美なルーズベルトの民主主義、万人がとろけても彼はとろけない。

裏切られた果てに倒れた遺伝子学者ロザリンド、悪罵を受け撃沈した天才マンデヴィル・・・
彼らを抱き取ろうと時空を越えて翔ける法然と源智、傑作マンガもそえて送る世界の裏歴史。
 
 


 
 
S・Kさま
法然と親鸞の「悪人がまっさきに極楽にゆく。ましてや善人は」という思想の面白さ。
文体とても読みやすく、通勤電車で他の乗客が「いったいどんな本を読んでいるのだろう」と不思議な視線。
ひとりで読むのはもったいないので、友人に貸出中。


 
日原正彦さま
まことに痛快、これほど面白い書は最近読んだことがない。
ええ、そうだったのかと目から鱗のことが次から次へと書かれていて爽快に溜飲が下がる書。


 

もくじ

 

  1. 東尋坊からヒラリ
    ―神尾和寿さんのとても変な詩―
  2.  

  3. カランカランの貝の声
    ―シュピールラインとヤマトナデシコ―
  4.  

  5. ちゃらんぽらん幽霊
    ―W・バロウズと八百万の神―
  6.  

  7. あまりにも、あまりにも
    ―源智の悪人正機―
  8.  

  9. 嘘と嵯峨信之
    ―秘められた女性遍歴―
  10.  

  11. オーッ!アダム・スミス
    ―ずるいスミスと天才マンデヴィル―
  12.  

  13. トランプさん、こんにちわ!
    ―民主主義の穴―


 

 
 

 

Written by イガイガボン

at

「白鳥の湖」

without comments

白鳥の湖

詩誌ガーネットから、高階杞一さんの詩。
きょうも、どこかの山の湖にいて、
貴方の横で、ゆっくり泳いでいるのかな?
 
高階杞一さんは、第八回「三好達治賞」の受賞が決定。
全国から寄せられた作品156点の中から、
高階さんの『いつか別れの日のために』が選ばれた。 
 
(受賞歴)
1983年 第1回キャビン戯曲賞佳作(戯曲「ムジナ」)
1990年 第40回H氏賞(『キリンの洗濯』あざみ書房)

Written by イガイガボン

at