イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘ドラゴン in the Sea’ tag

イガイガ本ニュ-ス【新刊2冊のお知らせ】

without comments

2017.4.1

■魚野真美・第一詩集『天牛蟲』(かみきりむし)

大阪の詩誌『Lyric Jungle』(編集:平居謙)で活躍中の若手詩人、魚野真美。
商都大坂を踏みしだいてダイナミックに開花している。
添付の挿し絵は詩篇「じん、じん、騒ぐ」から。
花が窓辺を飛び出し、ジンジン突き進んで行く……

首を吊った花
窓辺でかわいて
落ちる
・・・・中略・・・・
外へ
飛び出してゆき
飛び出してゆき
ゆきゆきて

じん、じん、
騒ぐ
     「じん、じん、騒ぐ」から

 
 
枯れた花までも元気、いいことではないか。

「大大阪純情飴雨アラレ」
「酩酊ユニバース」
「三角地帯に勇み立つ日まで」
等々
商都大阪の息吹が迫って圧巻。

 
 
 


 
 
■阿賀猥・エッセイ集『あまりにも、あまりにも』5月刊行予定

フーバー回顧録から

F・ルーズヴェルト

法然の高弟 源智

勢観房源智上人 知恩寺蔵




阿賀猥のエッセイ「詩学」連載のものから1編。
対談本『ドラゴン in the Sea』刊行後に開示された新資料で
日米開戦の裏事情を紹介する2編など。

たとえばフランクリン・ルーズヴェルト。
民主主義の旗手のようなもて方だが、実は彼は、
よほど以前から日米開戦を策謀してきた「殺人狂」とする
アメリカ31代大統領フーバー回顧録を紹介。
『ドラゴン in the Sea』上巻、真珠湾攻撃の裏事情を補強する。

ルーズベルトは稀なる美形。
人権論者の夫人のほかに数名の愛人がいた。
これは鎌倉仏教、法然にいう「内心と外相の不調」の典型的な例。
内心と外見は真逆のときが多い。
美男美女は危険ということか?

さほどの美男ではなかったが、
普遍的な正義を言い募ったヒトラーといい、
きれいごと、きれいなイデオロギーが席巻したのが20世紀。
世界中が正義やら良心やらに目覚めて走り出してしまった。
共産主義にしろナチスの思想にしろ良心にもとずいて、よき社会を目指したもの。
だがあまりにもの虐殺。
ソ連の虐殺被害者はナチス犠牲者の10倍以上にものぼる。
これをどう解釈すればいいのか?

このあたりもかの法然が有効だ。
一枚起請文「観念にあらず学問にあらず」と
正義、ないし善、良心など観念の一切を一刀両断に糾弾する法然思想。

戦後日本詩の情念の基幹でもある良心だが、
法然流にメスを入れざるをえないのではないか?
法然教理、普通に見れば、奇怪、不可思議にも見えるが、
今世紀おそらくは22世紀、23世紀へも直進、有効に稼動出来うる哲理かとも思われる。

あまりにもあまりにもの過激な教理に、口を閉じよと師を制する弟子たち、
「皆様、法然様のいうことは聞いてはいけません」と言い立てる者もいる。
「いや私は首を斬られてもいい、これだけは言っておきたい」と法然……
騒然とする中にただ一人進み出てしっかりと記録していく勢観房源智。

本稿では、若き法然高弟、源智にスポットをあて、源智の側から法然を探って行く。

フーバー回顧録

without comments

31代大統領 ハーバート・フーバー
%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%bc

『ドラゴンin the Sea』上巻が受けなかった理由として
現行教科書ラインの逆を記述しているという面がありました。
朝日新聞の逆。
 
諸悪の根源は軍国主義、私たちはこれで育ったわけですが、
果たして日本にそんなものがあったのかどうか? 
当社『ドラゴン in the Sea』は、敗戦原因を日本軍国主義とはせず、
ルーズベルトの頭脳に敗北としております。
 
ドラゴンの特異点ですが、このたび解禁となった
フーバー大統領の回顧録は、まさにこの当社推測を明確に証明。
 

『ルーズベルトの責任 〔日米戦争はなぜ始まったか〕』
著:チャールズ・A・ビーアド
翻訳:開米潤/阿部直哉/丸茂恭子
藤原書店 刊

 
今後は教科書もこれに沿って書き直さざるを得ないという情勢です。
戦後思潮も同じ。賢いアメリカさんに騙されっぱなし。
アメリカからみれば、日本は白痴が口をパクパク。
あまりにものバカぶりに仰天していたのではないでしょうか?
 
戦争のさなか、これはもう軍国主義しかないわけですが、
戦前日本は世界と同じ。
不況脱出のル-ズベルトと人権論者のその夫人エレノアに熱狂していたはず。
戦前の方が賢かったのです。
 
『ドラゴン in the Sea』は傑作、
もっと梃子入れをと、府川様ほかご意見いただいておりましたが、
まさに、『ドラゴン in the Sea』読んで賢くなりましょう! であります。
 
なんといっても地球はブラッドランド、呑気な国は無残に殺戮されるばかり。
バカでは生き抜けない、何が何でも賢くなる必要があります。
漫談芸人にやめて『ドラゴン in the Sea』、さあ、ドラゴンであります。

Written by イガイガボン

at

『ドラゴン in the Sea』下巻、在庫発見

with one comment

ドラゴン in the Sea 下
 
品切れでご迷惑をおかけしておりました、『ドラゴン in the Sea』下巻の在庫を発見。
お正月の大掃除で、戸沢たまが、段ボール1ハコの下巻を見つけました。
ご入用の方は下記リンクをご参照ください。

オーダーフォームでのご注文
FAXでのご注文

振込先銀行口座一覧
(住信SBIネット銀行/みずほ銀行/ゆうちょ銀行)


 

Written by イガイガボン

at

嵐が丘

without comments

ースクリフは何処からきたのか?

本文で、一度ならず囁かれる……ということは、
出自を読者が簡単に辿れるはず、もしくは辿って欲しい、と作者は思っていたのか?

さてどこからか?
『嵐が丘』の主、アンショー氏は旅先から彼を拾ってきた……という、旅先とはどこか。

当時の英国陣は、植民地に出かけて荒稼ぎ、莫大な富を本国に持ち込んで、
それぞれが宮殿まがいの自宅を建立していた時期で、
これは姉、シャーロットの小説『ジェーン・エア』の雇い主と同じ。
おそらくは、港町リバプールから出向、中南米あたりに出かけていたかと思われる。

ジェーンエアの主にしろ、アンショウ氏にしろ、そこでも家庭を持っていた……
そこで、もうけた子供を、連れ帰った……

つまり、『嵐が丘』
ヒースクリフはアンショー氏の実子であり、
キャサリンとは実の兄妹……こう読者は推測するとみて、
まずは、近親相姦の徹底否定のために書かれたと推測される。

エミリには、肉の愛を徹底否定する「愛」を提示する必要があったのだ。

つまり『嵐が丘』の目的である。
私たち兄妹の愛は、つまりブランウェル・ブロンテと、エミリ・ブロンテの関係は、
たとえ恋愛であったとしてもプラトニックな恋愛である……
この釈明のためにエミリは書いたのである。
 
 
当にエミリは全文を書けたか?

と疑惑もあるのだが、それは置いておくとして、
エメリには緊急に出版する必要があったわけで、
例え誰の作であろうと、とにかく緊急に自身の名前で、
自身が書いたとして出版する必要があったのだ。

エミリのたちの父親、ブロンテ氏は、アンショウ氏のような商人ではない。
人々の尊敬を集め、それなりの政治活動も行っている牧師館の主である。
その子弟が相互に「みだらな肉の愛」に耽っていたとなると、いったいどうなるか?

これは、まずは『嵐が丘』冒頭の宿泊した旅人の夢の中に登場、
怒り狂って押し寄せる会衆に教会がさんざんに踏みにじられる光景となって登場する。
この恐怖がエミリを終始支配し、兄ブランウェルを非業の死へと導いていくのだ。

「牧師館での子弟相互の淫らな肉の愛」……秘められていたはずを、
エミリは、その前年に赤裸々に書き込んだ詩を出版してしまっていた……
何としても、これを打ち消さなければならない……

つまり問題は3姉妹の詩集である。
エミリは、自身の実体を、ここに書き込んでしまっているのだ。

エミリは、姉シャーロットの3姉妹での詩集出版に猛烈に反対した挙句、
シャーロットに屈して出版はしたものの、大幅に手を入れて改作、その痕跡を消しさっての出版、
またその詩集、ほとんど売れていないのだから、誰も読んではいない、
そういう心配は無用なはずを、まだまだ恐怖に駆られていたのだろう。

詩集の痕跡を消し去らねば……

エミリはこれで動いていく。
普通ならこう売れなければ出版はしばし諦めるものを、エミリは逆。
早急に小説を執筆、今度は自身が出版社に出かけて出版交渉、刊行したしまうだ。
 


 
『ドラゴン in the Sea』上下巻にわたっての『嵐が丘』。

その作者は誰か? また、上記のような近親愛の顛末は電子書籍版の補注に詳しいのだけれど、
最近になって、牧師館の資料ほか、広範囲の公文書から、
父親ブロンテ師と長子ブランウェルの資料を大量発掘、
父とともに、政治活動も積極的におこなった闊達有能なブランウェル像が浮上している。
バカ、ダメ扱いのブランウェルだが、
最後まで優秀有能な友人たちに恵まれた卓越した人物であったかと思われる。

家族で決定、ブランウェルに画家修行をさせたのだが、
画家で経済的に自立するのは現代でも無理、貧乏なのは当たり前でる。
世間知らずの3姉妹に貧乏をさんざんにバカにされ、いじめ殺された……という彼の友人の意見も正しいと思う。

本当の作者はエミリではなく、兄ブランウェルである……これも彼の友人の言葉である。
これも半ばは正しいのではないか?
 


 
てさて問題は、エミリ灼熱の恋である。

プラトニックではない肉付きの愛である。

エミリ死後、姉シャーロットは、エミリの日記小説他、
大半を焼却して、それをたどれないようにしてしまったが、
妹アンとの共作長編小説『ゴンダル』には、
半ば焼却されたとはいえ、一部は残存、ここで見ることができる。

本(嵐が丘)を誰が書こうと知ったことではない。
輝かしい灼熱の愛、エミリはこの愛の思い出に殉じたのだ。
 
 
 
参考


『ドラゴン in the Sea 上巻』電子書籍版
絶賛販売中です。
こちらもぜひご参照下さい。

Written by イガイガボン

at

第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』ポエーマンスを終えて

without comments

12月14日、支倉隆子 詩劇『洪水伝説(稽古篇)』、ポエーマンスの部にて
阿賀ほか、イガイガボンスタッフは「蟷螂型恋愛色模様」を客演したのだが、
直前になって主役の町娘を演じる十亀脩之介氏の都合がつかなくなり、騒動になってしまった。

八方手をつくしたが、12月は繁忙期、
簡単には踊り手が見つからず、大橋可也ダンサーズの総帥、可也氏の
必死の探索で男女2名のダンサーを確保したのが、公演1週間前。
それから虫役の吉田ゆき子氏などに協力を求め、練習を開始。

流石、可也氏推薦の熟練ダンサー、その腕前に安堵したのはいいが、
衣装一式が届かない。
カツラに刀にと、最善の衣装を取りそろえていたのだが、これまた動転、大騒ぎになった。

衣装一式は、十亀氏が保管していたのだが、発送していなかったのだった。
さらに宅急便側のミスまで絡み、
公演前夜の真夜中になっても荷物の所在が分からないという事態に。
午前2時、千葉は館山のイガイガボンメンバー高梨氏が、
宅配業者の送り状を探し出して所在確認となった。

かくて公演直前になんとかダンサーは衣装一式をキャッチしたわけだが、
朗読者の私は頭が混乱して、朗読ができない……
「落ち着いて落ち着いて、阿賀さん、大丈夫大丈夫……」と
虫役の戸沢タマ氏になだめられ、なんとかやっと歩行と言う有り様であった。

曲は、吉田兄弟の三味線曲3曲の合成。
編曲したのは、今は亡き絵画作家谷敏行。
彼は若旦那役でもあったため、全体を把握、
それはそれは、難しい構成で、これに朗読を合わせるのが至難の技。
生半可な練習では無茶苦茶になってしまうのだ。

実際のところ、朗読は六割方失敗に終わったのだが、舞踏が予想外の出来。
大変な迫力で、下手朗読をカバー、沢山の拍手をいただいた。

娘役は、長身明眸皓歯の若林淳氏。
独特のオーラを発しているとの感想もいただいた。
若旦那役は、川本裕子氏。
猫のように動く柔軟な肉体で、愛に狂って死へと驀進する男を熱演した。
「喜んで死ぬんですね。エクスタシーの表情がいりますね……」
と川本氏、何度も練習を繰り返したのだが、蟷螂型恋愛は、カマキリ方式。
雌がオスを食い殺して愛が成就するのだから、
死を歓喜のエクスタシーの極点として演じなければならない。  

出典は『ドラゴン in the Se』下巻の5章。
これはフロイトの快感原則を背景に『嵐が丘』の作者、
エミリ・ブロンテの禁断の恋を扱ったもの。
挿し絵は、以下。大きなカマキリは、エミリ・ブロンテを現している。
かなり怖い絵である。

ドラゴン5章・カマキリ&カエル
 
恋愛小説の最高峰『嵐が丘』の作者される
エミリ・ブロンテは人里離れた荒野の牧師館の娘。
一切の恋愛経験どころか周辺に男の陰さえなかった女性。
それがなぜ「愛」を書けたのか?

謎中の謎とされてきたのだが、
『ドラゴン in the Sea』では、恋人を兄、ブランウェル・ブロンテと特定。
恋の現場を周辺の荒野として、新説を展開している。
根拠は、エミリとアンの共作、生涯を通して書き進められた長い長い長編小説『ゴンダル』。
エミリーの死後、姉シャーロット・ブロンテは、大半を焼却している(なぜ焼却?)ので、
その残りでしかないのだが、この小説が大量のエミリ詩編を満載、
この一々を新たに読み直して、エミリの灼熱の恋を浮上させたのだ。

その大半を謎の詩編としての何世紀もの解釈を『ドラゴン in the Sea』はバッサリと捨て、
全てはエミリーの実体験からの詩編として、明確に解釈しなおした。

彼女は自身の恋のくまぐまを記録したかったのだ。
記録して自身で再読反芻、そういう形での恋を生きたのだ。

恋人ブランウェルは、恋多き男、私生児までなしているとの噂さえある。
もう戻っては来ない。かっての恋は忘れ果てている……

エミリの怒りと絶望は『ゴンダル』の女王A.G.A.の残酷な実子殺しとなって結実、
はたまた恋人を投獄し、死へと追いやる……という筋立てで、復讐を果たしていく。

そして恋人の残酷な獄死、まさにその時になって初めて愛に熱狂する女王A.G.A.……
彼女たちは蟷螂型恋愛を生きたのだ。
彼女たち?
そうエミリ自身もまた、自身の物語、ゴンダルを踏襲してしまうのだ。

Written by イガイガボン

at

ミニ本『豆蔵1』『豚志向』

without comments

目下準備中の小さなミニ本2点をご紹介。

『豆蔵1』表紙

『豆蔵1』表紙


戸沢英土 エッセイ集『豆蔵1』
 
『ドラゴン in the Sea』でお馴染みの
戸沢英土エッセイミニ本。
 
かつて詩誌JO5に掲載、人気を博した「リカちゃん音頭」など、評論みたいだけれどチト奇妙な、いや、とても奇妙なエッセイを3編。
 
 

豚志向表紙

『豚志向』表紙


阿賀猥 もも色の蛤 ミニ画本『豚志向』
 
阿賀猥詩集『真実のお多福豆』から
詩篇「豚志向」をFlashゲーム化。
そのゲームをミニ画本に仕上げました。
 
共に8月末刊行予定。

Written by イガイガボン

at