イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘お知らせ’ tag

イガイガ本ニュ-ス【新刊2冊のお知らせ】

without comments

2017.4.1

■魚野真美・第一詩集『天牛蟲』(かみきりむし)

大阪の詩誌『Lyric Jungle』(編集:平居謙)で活躍中の若手詩人、魚野真美。
商都大坂を踏みしだいてダイナミックに開花している。
添付の挿し絵は詩篇「じん、じん、騒ぐ」から。
花が窓辺を飛び出し、ジンジン突き進んで行く……

首を吊った花
窓辺でかわいて
落ちる
・・・・中略・・・・
外へ
飛び出してゆき
飛び出してゆき
ゆきゆきて

じん、じん、
騒ぐ
     「じん、じん、騒ぐ」から

 
 
枯れた花までも元気、いいことではないか。

「大大阪純情飴雨アラレ」
「酩酊ユニバース」
「三角地帯に勇み立つ日まで」
等々
商都大阪の息吹が迫って圧巻。

 
 
 


 
 
■阿賀猥・エッセイ集『あまりにも、あまりにも』5月刊行予定

フーバー回顧録から

F・ルーズヴェルト

法然の高弟 源智

勢観房源智上人 知恩寺蔵




阿賀猥のエッセイ「詩学」連載のものから1編。
対談本『ドラゴン in the Sea』刊行後に開示された新資料で
日米開戦の裏事情を紹介する2編など。

たとえばフランクリン・ルーズヴェルト。
民主主義の旗手のようなもて方だが、実は彼は、
よほど以前から日米開戦を策謀してきた「殺人狂」とする
アメリカ31代大統領フーバー回顧録を紹介。
『ドラゴン in the Sea』上巻、真珠湾攻撃の裏事情を補強する。

ルーズベルトは稀なる美形。
人権論者の夫人のほかに数名の愛人がいた。
これは鎌倉仏教、法然にいう「内心と外相の不調」の典型的な例。
内心と外見は真逆のときが多い。
美男美女は危険ということか?

さほどの美男ではなかったが、
普遍的な正義を言い募ったヒトラーといい、
きれいごと、きれいなイデオロギーが席巻したのが20世紀。
世界中が正義やら良心やらに目覚めて走り出してしまった。
共産主義にしろナチスの思想にしろ良心にもとずいて、よき社会を目指したもの。
だがあまりにもの虐殺。
ソ連の虐殺被害者はナチス犠牲者の10倍以上にものぼる。
これをどう解釈すればいいのか?

このあたりもかの法然が有効だ。
一枚起請文「観念にあらず学問にあらず」と
正義、ないし善、良心など観念の一切を一刀両断に糾弾する法然思想。

戦後日本詩の情念の基幹でもある良心だが、
法然流にメスを入れざるをえないのではないか?
法然教理、普通に見れば、奇怪、不可思議にも見えるが、
今世紀おそらくは22世紀、23世紀へも直進、有効に稼動出来うる哲理かとも思われる。

あまりにもあまりにもの過激な教理に、口を閉じよと師を制する弟子たち、
「皆様、法然様のいうことは聞いてはいけません」と言い立てる者もいる。
「いや私は首を斬られてもいい、これだけは言っておきたい」と法然……
騒然とする中にただ一人進み出てしっかりと記録していく勢観房源智。

本稿では、若き法然高弟、源智にスポットをあて、源智の側から法然を探って行く。

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』告知

with one comment

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』開催予定についてお知らせいたします。
 
2015-11 虚言朗読会 『夢の罠』

第六回・詩の虚言朗読会。
 
今回のテーマは
 
『夢の罠』
 
– 悶える 悶える 棺の中の美学よ! –


 
出演
長谷川龍生
阿賀猥/川本裕子(舞踏家)
石毛拓朗
細田傳造
伊藤信昭
山岡遊

 
2015-11 虚言朗読会 朗読舞踏Web宣伝用
 
 
 
開催日時
2015年11月29日(日)
午後1:30開場~2:00開演

 
会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045


 
京浜東北線・与野駅
西口から左へ駅沿いに進むと、
レンガ造りの建物がございます。
「SHINE」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。


 
 
ご来場、心からお待ちしております!
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , , , , , ,

第五回・詩の虚言朗読会『群呆け』告知

without comments

第五回・詩の虚言朗読会『群呆け』開催予定についてお知らせいたします。
 
2015-04 虚言朗読会『群呆け』

第五回・詩の虚言朗読会。
 
今回のテーマは
 
『群呆け』
 
明日戦争が始まる


 
出演
長谷川龍生
宮尾節子
下川敬明
高橋紀子
伊集院昭子
山岡遊

 
 
開催日時
2015年4月11日(土)
午後5:30開場~6:00開演

 
会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045


 
京浜東北線・与野駅
西口から左へ駅沿いに進むと、
レンガ造りの建物がございます。
「SHINE」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。


 
 
ご来場、心からお待ちしております!
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , , , ,

第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』告知

without comments

第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』

第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』のお知らせです。

永遠に進化を続ける、支倉隆子による詩劇『洪水伝説』第11回公演のお知らせです。
今回の洪水伝説はどのような進化を遂げたのでしょうか。
第二部はおなじみポエム+パフォーマンスの、ポエーマンス。
今回イガイガボンは、阿賀猥、高梨浩二「猫的人的詩」を演じます。
皆様お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場ください。

 
作・演出
支倉隆子

出演
第一部 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」幕間/樹木役
松原牧子
金井裕美子
広瀬大志
新井隆人
伊藤浩子

第二部 ポエーマンス ゲスト
渡邊めぐみ
雨宮慶子
高梨浩二
阿賀猥
細田傳造

朗読 [あ]伊藤浩子[う]金井裕美子[ん]松原牧子
THE POEMANS 広瀬大志/新井隆人
シリーズ「猫的人的詩」 阿賀猥/高梨浩二
リレー詩 「妖精」

司会 松原牧子/新井隆人

 
日時


2015年4月18日(土)

13:00 受付
13:30 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
14:30 ポエーマンス
16:20 がやがや
17:00 閉会

入場料
1,500円

 
会場


裾野ギャラリーアーヴェント
富士吉田市新西原1-8-1
新宿発の高速バスが便利です!富士急行バス

TEL 0555-24-5888
 
お問い合わせ(支倉)


☎03-3894-0391
事前予約可

ご来場、心からお待ちしております!
 
 
 
 

Written by イガイガボン

at

大橋可也&ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」告知

without comments

 
大橋可也&ダンサーズによるダンスワーク最新作、
「ザ・ワールド シーズン2」をお知らせいたします。
 
ダンサーズメンバー3名には、渋谷クロコダイル朗読舞踏
「船」(イガイガボン『NEKOHIME(猫姫)』収録)にて
熱演いただき喝采を博しました。
 
大橋可也(カクヤ)氏は明眸皓歯、端正で静かな風貌、実は元軍人。
次々に繰り出す華麗大胆なパノラマ世界は、
いったい彼のどこから出て来るのでしょうか。


 
 
大橋可也 &ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」
 
大橋可也&ダンサーズ「クラウデッド」
Flyer(PDF)
Pressrelease(PDF)
 
構成・演出・振付:大橋可也 
ドラマトゥルク:長島確
出演:白井剛(ヘヴィメタルのみ)


 

散歩型公演 雲の影を追いかけ まちを横断する「クラウデッド」
 
日時:3月20日(金)21日(土)22日(日)15:00~18:30頃 
出発地点:SNAC 江東区三好2-12-6-1F 清澄白河駅徒歩3分
 
14:00~16:00までに出発地点にお越しください。
受付後、散歩しながら複数の会場でのパフォーマンスを体験していただきます。
パフォーマンスの合計時間は1時間30分程度、移動に要する時間は1時間程度、
終演は18:30頃を予定しています。時間に余裕を持ってお越しください。


 
 

劇場型公演 爆音と静謐がせめぎあう「ヘヴィメタル」
 
日時:3月25日(水)26日(木)19:00開演
会場:江東区文化センターホール 江東区東陽4-11-3 東陽町徒歩5分
 
開場は開演の30分前。終演は20:30頃を予定しています。


 
 
詳細こちらから
 
 
ご取材等のお申込み・お問い合わせ先
大橋可也&ダンサーズ 制作:坂上翔子・小林あずさ
office@dancehardcore.com
Tel :03-6905-9264 Fax :03-6905-9264 


 
 
大橋可也&ダンサーズ


http://dancehardcore.com :Facebook :Twitter

Written by イガイガボン

at

第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』告知

without comments

詩劇「洪水伝説(稽古篇)」_[2014-12-14]

第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』のお知らせです。

永遠に進化を続ける、支倉隆子による詩劇『洪水伝説』。ついに第10回を迎えました。
今回の洪水伝説はどのような進化を遂げたのでしょうか。
第二部はポエム+パフォーマンスの、ポエーマンス。
たんなる詩の朗読では終わらないパフォーマンスが目白押し!
皆様お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場ください。

作・演出
支倉隆子

出演
第一部 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
松原牧子
金井裕美子
新井隆人
江村晴子
キャロル

第二部 ポエーマンス
野村龍
広瀬弓
伊藤浩子
阿賀猥
川本裕子
綾瀬ふみ佳(琵琶)
庄司太一(歌とギター)
UCC(キャロル:歌&晴:ギター)
THE PANTHERS(X・キャロル・新井隆人)
THE POEMANS(松原牧子・金井裕美子・新井隆人)

司会
松原/新井

 
日時


2014年12月14日(日)

14:00 受付開始
14:30 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
15:30 ポエーマンス
17:20 がやがや
18:00 終了

入場料
1,500円

 
会場


つきじTESSギャラリー若松屋 WEBサイト
〒104-0045 東京都中央区築地6-12-3 地図
日比谷線築地駅1番出口徒歩5分
TEL/FAX 03-3541-0124

 
 
お問い合わせ(支倉)


☎03-3894-0391
事前予約可

ご来場、心からお待ちしております!

Written by イガイガボン

at