イガイガボン

出版の(株)iga

Archive for the ‘朗読’ tag

山岡遊主宰「詩の虚言朗読会」最終回を終えて

with 3 comments

2013年から開催されてきた、
山岡遊 主宰「詩の虚言朗読会」は
本年4月1日、第9回目をもって最終回となった。

分かりやすい詩、かなり砕けた詩編が中心。
ダイナミックな朗読で、毎回盛況、
自由奔放、にぎやかな展開で場内を沸かせた。
終演の理由は、山岡遊氏が故郷土佐の高知への帰還のため。

私は加藤温子さんの紹介で山岡氏を知った。
温子さん曰く、
「どういう場合も彼は正しい。彼は誠実だ。彼は間違わない」

私はそうは思わない。
山岡遊は、しょっちゅう間違え、
四六時中騙され、そして泣いてる。

つまり彼はいつも青春時代ってことだ。
飽きもせず、懲りもせず、青春時代ってことだ。

最終回で面白かったのは、
井川博年「ゴシップ歌謡曲」と
山岡遊のギター弾き語りで「ろくでなしのラブソング」の2編。
 


 
ゴシップ歌謡曲  井川博年

青江三奈は哀しい。いつ見ても同じ髪型。金粉や銀粉が光る不思議な髪。寝る時も首にガーゼを巻くというその心がけも哀し、

藤圭子は哀し。盲目の母がいるという。さすらい流れた幼い日々があるという。川端康成がテレビで見て、会いたいというので、鎌倉の川端邸で、肩たたきをしたという。その話もまた哀し。

こまどり姉妹は哀し。再起の望みのない病とか。疲れた厚化粧と,良ければよいほど目立つ着物と、「見る度に不快だ」という学生が多かったのも哀し。人情紙のごとし。浅草も哀し。

淡谷のり子も哀し。わが友Iがアルバイトで楽屋にコーヒーを届けると、女史が老眼鏡をかけ一人毛糸の編み物をしていたという。女史の手元の毛糸の色哀し。

都はるみも哀し。こども時から歌をうまく歌えぬと、おやつももられなかったという。うなり声と小節を出すのに何度も喉をつぶしたという。最上級の着物も哀し。

菅原ツヅ子も哀し。あの奇妙な節まわし。古賀政男の養女になっていたというのも哀し。菅原ツヅ子を養女にした古賀先生の孤独も哀し。

美空ひばりも哀し。奇抜な服装と、一筋の涙。天才は哀し。音符が読めないという話も哀し。自ら下手な作詞をするのがさらに哀し。足の痛みをこらえて舞台に立つ最後の日々の昼食は、ショーチューとチャーシューメンだったという。ああショーチューとチャーシューメン。

 


 
ろくでなしのラブソング  山岡遊

 


Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with ,

最終回・虚言朗読会『背走する太鼓』告知

without comments


 
 
ついに最終回を迎える詩の虚言朗読会。
最終テーマは
『背走する太鼓』
 


 
出演
阿賀猥
杉本真維子
山岡遊
X(謎の詩人?)

オープンマイク大歓迎!!
 


 
開催日時
2017年4月1日(土)
午後6時・開演

 
会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045


 
京浜東北線・与野駅
西口から左へ駅沿いに進むと、
レンガ造りの建物がございます。
「SHINE」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。


 
 
ご来場、心からお待ちしております!
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , ,

朗読舞踏『ベンケイガニ』公演

without comments

11月29日、埼玉与野市。
山岡遊主宰、詩の虚言朗読会『夢の罠』。
イガイガグループは総勢5名で参加。
舞踏朗読「ベンケイガニ」以下3詩編を公演、喝采を博した。
 
2015-11詩の虚言朗読会_001
 
とはいえ詩編自体はよく見ると、かなり厄介な内容。
全部で20分もの長編。
ただし詩の制作時間は数分。
初めは意味がよく解らなかったが、踊ることで見えてきたものがある。
 
2015-11詩の虚言朗読会_002
 
発端は、その昔に見たカニの生態を追ったTVの科学番組。
夜中、家々のどこからかカニが1匹2匹と這いだして、
通りを軍隊のように列をなして移動していく……
みんなで街路を行進して浜辺にワンサカと集まるのだ……
 
それからどうなったか?
はるか昔の記憶で、内容は覚えていない。
果たして元の家にカニたち戻れたのか。
または、そのまま海の底に突き進んで行ったのか。
その昔、四国は壇ノ浦に沈んだ平家の人たちのようにである。
 
2015-11詩の虚言朗読会_003
 
栄養栄華、楽しく豊かに暮らしていても、その先はどうなるか解らない。
カニの場合は、潮の満ち引きで動く、つまりはお月様に支配されている……という説がある。
民主主義と平和を掲げて、愉快に楽しく暮らしていてもそれこそは「夢の罠」
ひょっとして、私たちもお月様、または、もっと遠い星の意向で、動かされていたりはしないだろうか?
 
 
 




ベンケイガニ
2015-11詩の虚言朗読会_010
 
セッセと努力、富国強兵となっていった戦前の日本人ないしは、
いっそうの繁栄を求めて原発建設、
世界にも原発輸出して意気盛んな近未来を想定しての背景。
そこへ敵機襲来。
原発にミサイル命中して原発爆発、
国土は火炎地獄となって皆死に絶える……
 
 


幽霊蟹
2015-11詩の虚言朗読会_009
 
原発爆発で死に絶えた蟹たちだが漸次幽霊蟹となって動き始める。
もう死んでいるのだから、文句も言わない。
戦勝国に言われるまま、「平和と民主主義」の衣を着せられて、
命ぜられた通りに「平和」と「民主主義」を踊り始める。
どこか空疎な「平和踊り」。
どこか画一的「民主主義踊り」を踊る幽霊蟹たち。
 
 


原発ヤクザ
2015-11詩の虚言朗読会_0082015-11詩の虚言朗読会_007

ベンケイガニ集団が変身した深紅の生命体。
幽霊ガニ集団が変身した漆黒の生命体。
……ともに原発ヤクザとして2匹で踊り始める。
天空を悠々と滑空し、蟹集団の「生」と「死」の双方を称えて舞い踊る。
 
 

 


 


 

今回の朗読舞踏、
概要を書き連ね、ふと、私たちを背後で支配するものを思った。
蟹たちを支配する「月」、
それに呼応して動く何かが蟹たちの体内に埋め混まれているはず……
私たちもなにか、埋め込まれているのではないか?
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_004
 

口先では、戦争反対を叫ぶが、
かって日清戦争日露戦争と勝ち進み、狂喜乱舞した私たち日本人たち。
勝利の快感を求めて動いていたりはしないか?
フロイト論文の中では短く目立たないが「快感原則」を思った。

これは元々、ロシア出身の美貌の女性心理学者、
ザピーネ、シュピールラインの書き起こした「死への欲動」。
ここからの盗作とフロイトは非難されたりもするが、
ザピーネの原稿は、本家本元だけに微に入り細に入り詳しく展開している。
たとえばワーグナーの歌劇。
馬上のヒロインが、燃え盛る火の海へと、突進していく、
このくだりを挙げながらダイナミックに解説していく。
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_005
 

私たちは日夜営々として繁栄を目指す、
あるいは勝利を目指す……だが実はそれは「死」への欲動。
「死」を目指して生きているのではないか?

舞台では、ウジウジョ、ロロジョロと朗読者はいうのだけれど
音楽のほうは、どくどくどくどくと英国ロック特有の
不気味なまでの強力な重低音を休ます鼓動させて進んでいく。
どうあっても決してやすまないのだ。
無限に私たちを突き動かしていく無限衝動をあらわしている。
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_006
 

まさに命がけで繁栄を目指す安倍政権。
当初安倍氏は「美しい国」と言っていたがこれはなにか?
特攻隊もまた「美しい日本」のために突き進んだのではないか?
美の極点としての散華、ゼロを目指して、知らず知らず「死」を目指して居たりはしないのだろうか?

この大戦犠牲は、日本人犠牲者300万人、ユダヤ人犠牲者600万人だけではない。
他に総計1400万人が国土を失いさまよった果てに、力尽きて、命を落としている。

死を希求しない論理、美しくもない醜悪をも包容する
確固たる論理も必要ではないだろうか。
つまり美しさなどいらない、生きのびる論理が欲しい。

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , , ,

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』告知

with one comment

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』開催予定についてお知らせいたします。
 
2015-11 虚言朗読会 『夢の罠』

第六回・詩の虚言朗読会。
 
今回のテーマは
 
『夢の罠』
 
– 悶える 悶える 棺の中の美学よ! –


 
出演
長谷川龍生
阿賀猥/川本裕子(舞踏家)
石毛拓朗
細田傳造
伊藤信昭
山岡遊

 
2015-11 虚言朗読会 朗読舞踏Web宣伝用
 
 
 
開催日時
2015年11月29日(日)
午後1:30開場~2:00開演

 
会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045


 
京浜東北線・与野駅
西口から左へ駅沿いに進むと、
レンガ造りの建物がございます。
「SHINE」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。


 
 
ご来場、心からお待ちしております!
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , , , , , ,

妖精珍種1 細田妖精

with one comment

支倉隆子戯曲「洪水伝説」は、全国各地を公演。
もう11回目になるが、1回ごとに趣向を凝らして飽きさせない。

第11回・洪水伝説

富士吉田市の富士山駅から徒歩10分、
画廊兼喫茶店での公演では、最後にリレー詩、
数人が同じタイトル「妖精」で、1編ずつ朗読したが、
それぞれの妖精がそれなりの妖精で面白かった。
以下は細田傳造さんの「妖精」。

細田傳造「妖精」

この妖精は、マットヘルス駅前2号店のお嬢さんたち。
ヘルスの妖精たちを自宅に呼び込んでのらんちき騒ぎで、気を吐いている。
ちょいと手強そうな妖精だが、ひょいと消えてくれるところがいい。
ここが妖精の真骨頂だ。

奥さんはこうは行かない。
ガンとして消えない。
しぶとく長々と亭主をいじめ続けるのも多い。
だが、いじめてくれる女が皆無を言うのもちょい寂しいもの、で
ドカンと駅前ヘルスから借りてきたという算段だ。
こっちが案外やすあがりかもしれない。
 

詩といえばまずは悲劇。
ヨーロッパ上層階級の学問のながれの中を泳いできた西欧詩篇は、
深遠かつ高雅な古代ギリシア、ローマ文学がお手本。
目の前の事実は書かない、繁栄も書かない。
だから、こういう楽しい詩は珍しい。滅多にお目にかかれない。
18世紀マウンドビル以来か?
(というと大げさに聞こえるが、本当にこの類は見かけないのだ)
 
売り子
 

マウンドビル


マウンドビルの場合は、ぐっとえげつない。
あくどいまでの事実であり、とことんの繁栄、
うんざりするまでの繁栄である。
そこまで突き進む。
 
何せ長い、細田詩編の100倍くらいか?
延々と続くのだ。
次から次に事実が並び、繁栄はとことん極まって、
それでもあきずに、またその先へと進むのだ。
 

作者マウンドビルは本職は医者兼理髪師、
国籍はオランダだが、金満王国英国で大ヒット、我も我もと読まれた。
だが、しっかりした方々、上層のお歴々は怒りまくり、
特に教会。
しつこく長々と真ウドビルと攻撃、裁判提訴する……
キリスト教では贅沢と貪欲が悪徳、
そればかりを書きまくるのだから、始末に負えない悪書ということになる。
 
ところが、お歴々の中に一人、例外がいたわけで、
この例外人が、この延々たるなかから、不変不滅の経済理論を、掴み取るのだ。
 
ご存じ、グラスゴー大学の哲学教授アダム・スミスの「見えざる手」だ。

アダム・スミス

すでに「道徳情操論」で、大ヒット、
令名すざまじく、アカデミーに出向くと
会員総立ちで出迎えたという大物中の大物が
この悪徳詩編に熱狂、ここからあの長々しい、
あまりに長々しい「国富論」を書き始めたのだ。
 
とはいえマウドビルの方は、何かをつきつめようとして書いたわけではない。
面白くなって延々とただ延々とつづけたのではないか?

ふっと気がつくと期せずして、不変不滅の論理、「見えざる手」を浮上させていたのだ。
 
えてして思った所には行かない。
時としてとんでもないところに行く。
 
これまた見えざる手であるが、
悪徳が善なる世界を築いていく様をありありと、
誰でも見える形で書き連ねたのだ。

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , , , ,

朗読舞踏「猫的人的詩」

without comments

第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』
川口湖、富士山のふもとで行われた
第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』

第二部・ポエーマンスの部で公演した朗読舞踏「猫的人的詩」。

樹木役で出演はイガイガボン舞踏家 高梨浩二。
元房総の草取り職人なので、真っ黒。
どこに目鼻がついているかもわからない。

ひょっとすると、目鼻はついてないかもしれない。
口はついている。
 
 

 
 

Written by イガイガボン

at

Posted in 雑記

Tagged with , ,