誕生寺

明け方4時、毎日4時、戸を叩く音で目を覚ました。
朝まで所在ないので、法然を調べ始めたのが発端。
ドラゴンは3人での対談本。
3人で宗教を喋り出したら収集がつかなくなる。
宗教は親鸞だけ、他は喋らないで行こう……こう3人で取り決めていた。
3人三様、資料は大量に集めたが、見ないままでおこう、と思っていた。
 
明け方4時、目の前にあったのが法然の資料。
ろくに読みもしないままに放り出していた法然、選択集。
所在なくてこれらを読み始めた。
 
常時1時就寝、4時起床。
1か月、小さなコツコツは続いた。
目を凝らして戸口にひっそりと立つその人を盗みみたことがある。
誰なのだろう。見たこともない人であった。

岡山県美作(みまさか)の誕生寺についたときは、みぞれ混じりの雨。
寺で小さなお地蔵様を買った。

お地蔵様
かなりピンぼけ。
お地蔵様が恥ずかしがって写りをボカしてしまったか。

ここは法然の父、漆間時国の屋敷があったところ。
法然はここでうまれた。
法然15歳、都へ出立する我が子に時国は「自分はまもなく殺されるだろう。
菩提をとむらってくれ」と言ったそうである。
言葉通り、まもなく、ここで両親は夜討ちにあい、命を落としている。
 
危険と判っていながらなぜ逃げようとしなかったのか。
殺されても当然として死を甘受したのか。
時国は押領使。所領を守るために、あるいは広げるために、殺されても仕方にない非道のをやってきたのかもしれない。
我が命を守る資格はないと、観念していたのか、
 
ここでまた悪人正機説を思った。
悪人とは誰か?
人それぞれに思いがあるだろうが、法然の場合は、まずは自分自身だろう。
自分こそは悪、父時国の悪の血をひいた悪、この悪をはがす事はできない……
このあたりで、法然は、アメリカロック歌手、マリリン・マンソンへと重なっていく。

ドラゴン下巻では、法然をマンソンと並べたことに反発する方々が多かった。
だが二人は酷似している。
アメリカ兵士として、ベトナム全土に毒薬をまきちらし、多くの人を死に導いたマンソンの父親……
人殺しの悪の血が、僕の全身を巡る、これは取り外せない……こうマンソンは歌う。 
ケバケバしい衣装と奇怪なメークで、世界中で歌い歩くマンソンになどに、似てるなど言われたらさぞや迷惑なさるかもだが、他に自分は悪と騒ぐ人はまず、いない。
ここはやはり二人並べるしかないかと思う。
 
 
ドラゴン in the Sea 上・詳細ページ


ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ

誕生寺」への1件のフィードバック

  1. sc:8merHmv&#i230;..Good write-up, I’m normal visitor of one’s web site, maintain up the excellent operate, and It’s going to be a regular visitor for a lengthy time. “He who seizes the right moment is the right man.” by Johann von Goethe….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。