既刊カタログ

郵便振替でのご注文
イガイガボンからご注文
 
 


豚志向 絵本 エッセイ 阿賀猥
豚=0 博徒の論理 詳細ページ
 
あなたは、どの豚ですか?
豚文化に沸く豚国日本の豚志向。
対する反豚志向、博徒の論理「豚=0」。
豚はゼロである!
奇妙奇怪な数式が炸裂する「博徒の論理」を
豪華絢爛の豚絵画が浮上させる。
 
 



民主主義の穴 -法然からトランプまで- 詳細ページ

裏切られた果てに倒れた遺伝子学者ロザリンド、
悪罵を受け撃沈した天才マンデヴィル・・・
彼らを抱き取ろうと時空を越えて翔ける法然と源智、
傑作マンガもそえて送る世界の裏歴史。
 
民主主義? 共産主義? そんなものに頓着するだろうか。
甘い甘い麻薬のように甘美なルーズベルトの民主主義、
万人がとろけても彼はとろけない。
民主主義も麻薬と同じ。
民主主義に溺れたら、民主主義は使えない。
     「トランプさん、こんにちわ!」から

 
英国には『悪人』がいない。
例えばローリング・ストーンズ、
刑務所ではヒット曲の数々を収監中の囚人たちと大合唱、
超ご機嫌の日々であった。
つまり刑務所に入っても悪人とはならない。
英国には刑務所にさえ、悪人はいないのだ。
     「オーッ! アダム・スミス」から

 
 



魚野真美詩集 天牛蟲 詳細ページ

牛に生まれ、身体に蟲湧き狂い走り出す。
関西若手詩人、魚野真美の綴る処女詩集。
詩誌『Lyric Jungle』を中心にパワフルな詩篇を次々発表。
商都大阪を踏みしだき、不穏に、繊細に、ダイナミックに開花する!
肩をたたかれる
月が手招きする
しかし張り手が飛んでくる
頭打ちにされる
月が
鳩が
雨が
酒が
足が
私の身体を踏んづける
花は地面に刺さったまんま
やあ本日も晴天ナリ
      P.130「TOKYOタイムトラベラー」

 
 


『谷絵』
谷絵 -谷敏行遺稿画集- 詳細ページ
 
鮮やかな桜、奇怪な菊花を背に浮上する強靱な人物群……
急逝した谷敏行の遺稿絵画集。
空を圧して笑う月の残酷。
異端の絵画を寺山修司、赤塚不二夫から解析。
 
 


『ヤクザみたいに綺麗ね』
ヤクザみたいに綺麗ね 詳細ページ

「詩客」様にて時評をいただきました。ありがとうございます!

自由詩時評 第166回
AgaY『ヤクザみたいに綺麗ね』の悦楽 ―反倫理ロマンチストの純愛―
平居謙
 
乱暴狼藉ドラゴン嬢が意中の彼を取り戻す。
仰天ラブ・ストーリー!

受験戦争に打ち勝ち、就職戦線を突破、
ビジネスサバイバルを一騎当千する彼女が打ち勝てない、
それは・・・結婚。
激しく吠え立て、猪突猛進する彼女を「ドラゴンZ」と人は呼ぶ。
ドラゴンZに結婚の勝機はあるか?!
 
『ヤクザみたいに綺麗ね』_ドラゴンZ
Fステルス戦闘機、
迎撃用パトリオット・ミサイル……
私はこんなものになりたい。
 
――これが俺の生き方だ
  これが俺のやり方だ
  俺はこの七千年八千年をこれで生きてきた
  お前はなんだ?
  昨日生まれたばかりではないか?

ひどく小さい、爪楊枝の先っぽほどの丸い虫が、イギイギした声で喚いた
うるさい
ひと思いにひねり潰そうとすると、
――お前は七千年八千年の悪知恵を聞きたくないのか?
とまた怒鳴った
 
 


ミニ絵本「豆」

 
挿絵:Ayaran
詩:阿賀猥
定価100円+税
 
Ayaran 絵画が描き出す、謎の猫百姓、豆蔵の豆をそだてる日々。
1日7粒として1年で2555粒、
ゆとりをみて年3千粒
3千粒だけのために豆蔵は鍬を振る……
 
 


『豆蔵1』表紙
豆蔵1
 
文/挿絵:戸沢タマ(旧:戸沢英土)
定価100円+税
 
『ドラゴンin the Sea』でおなじみのマンガ家、戸沢タマ(戸沢英土)のエッセイ集。
軽妙なケロヨン漫画を背景に、ギラリと日常の魔が顔を出す。
 
 


豚志向表紙
豚志向
 
詩:阿賀猥
挿絵:もも色の蛤
定価300円+税
 
天空を滑降する豊満の女群、そしてまた女群……
豚女の有り余る肉が迫り来る。
飽食の現代とその暗黒の裏面を描きとる。
 
 


金の生まれる字
金の生まれる字 詳細ページ
 
書を持って海ヘ行こう。
 
詩誌JO5参加詩人、村尾暉子の詩集。
「ドラゴン in the Sea」の熱烈愛読をきっかけに、詩集刊行を決意。
著者初の詩集。
詩誌JO5に多数の詩を掲載、多くの読者を魅了し続けてきた村尾詩篇を選出。
写真撮影は「鼓膜の内外」など、傑作詩集の作者、吉田ゆき子。
 
「母91才にプレゼントしました。
 何年ぶりかに、メガネなしに、本が読めたって大感激、
 あの世にも持って行きたい。お墓にお供えしてくれって。」
               (鴨川市・竹森朋子さま)

 
※全編、特大文字。目に優しい詩集です。
 
 


ドラゴン in the Sea 下
ドラゴン in the Sea 下 詳細ページ
 
かの梅原猛を「ニーチェを思わせる」
感服させた対談本の下巻が遂に完成。

東西2500年にわたる学術書、奇書、教典に底流する
「詩」を拾い出し、現代を追跡する。

竜樹の『中論』アダム・スミス『国富論』が依拠した
マウンドビルの『蜂の巣ブンブン…』法然の日本哲学。

ロレンス『黙示録論』……それぞれの時代を牽引する
数々の『詩』の隙間を蛇行して進む奇書の群れ。

『サテューリコン』『一万一千本の鞭』『大菩薩峠』……
これらが歴史の暗部を穿ち、世界の謎を解いていく。

性愛の詩人が背後に抱え持つ世界を探り、
奇書、名著の原典を豊富に引用、
文明の暗部と脆弱をえぐり出す。
 
 


ドラゴン in the Sea 上 阿賀猥×中本道代×戸沢英土
ドラゴン in the Sea 上 詳細ページ
 
女性と蛇を巡る対談集の上巻。
 
海を支配するドラゴン、古代豊玉姫から
現代市場経済の底に横たわる竜の論理まで議論は白熱、
世界の裏に潜むもう一つの歴史を浮上させる。
 

「過激だが、物凄い面白さ、あなたは、ニーチェを思わせる」

 
と梅原猛をうならせた傑作対談本。
 
各対談者は、教科書や参考書には登場しない資料を紹介、
また高名な著作ながら無視されてきた部分に注目、
手に汗握る過激な論戦も加わって飽きさせない。
 
 


ぬらり神
ぬらり神 奥村真と2つの詩集 詳細ページ
 
晩年は俳優としても活躍した、
奥村真の生涯を辿りながら、
2つの詩集としてまとめたCDブック。

短歌絶叫コンサートなど、
現代の傑出したボーカリストの一人である
福島泰樹が、ピアノを伴奏に自在に朗読する。

奥村の愛した北海道の景色も満載。
(撮影・中村公機)
詩集2作品とも、外見はぬらりひょん、
ひょうひょうたる風情だが、詩作の底には、
激動を生きた人物だけが持つ重厚と剛直が貫流、
堂々たる大河となって、読むものに充足感を与える。
 
 


NEKOHIME(猫姫)
NEKOHIME(猫姫) 詳細ページ
 
若手三味線奏者「疾風」
現代詩の「阿賀猥」が共演したCDブック。
 
各地の公演で喝采を博した5曲をCD収録するほか、
作曲りや津軽三味線についての多様なエッセイをまとめている。
 
疾風


津軽三味線・吉田兄弟の弟、吉田健一が全国の三味線奏者の中から優秀者を抜擢して結成。
奏者は全員20代後半だが、酷寒の東北で門付けをしながら演奏をおこなってきた。
津軽三味線特有の強力な音、激しいリズムによる見事な演奏を繰り広げている。