イガイガランド便り/9月3日

先週は熊の肉を食べた。
脊髄部分、おいしかった。
近くの罠にかかった熊ちゃんらしい。

今日はイノシシ、
これも猟師さんからのプレゼント。
大きな骨は犬のミーシャ。
私はレバーとか。
豚の親戚だけれど、イノシシな豚より美味しい。

こんなもの食べてるからか、猟師さんはやたら力持ち。バテない。

批評?その2

詩学「論点」は編集担当の篠原さんからの依頼。
嵯峨信之氏は詩については
当初から意見が合わないまま、新宿での詩学主宰の合評会では、
散々な酷評だった私をなぜ篠原氏は起用されたのか?
ついうっかり知らないままの起用だったのかもしれない。

論点では、詩誌掲載の詩編だけを扱った。
詩学から送られて来る詩誌を片っ端から眺めて、
2,3編を選んで、400字詰めで20枚近い原稿を書いた。
たまに室生犀星など有名詩人の詩編にも遭遇したが、
これはパッと見て分かる。謎がない、ピッピと語りかけてくる……
いちいち私が解説しなくとも誰にも分かるわけで、
原稿では取り上げなかった。
取り上げる必要はないと思った。

たまに詩集の中からとりあげたものもある、
タイトルも素晴らしかった。
瞠目の傑作と思った。
だが、普通では解釈できないだろう。
岸田劉生の絵が起点になっていたからだ、
それも有名な「麗子像」ではなく「切り通し」。
鎌倉に当時は実在した切り通しで扇が谷から、
八幡様に行く途中にあった実在の切り通しを
岸田が何枚も描いている。

詩はその切り通しの前で、
精神科の医師と作者が話し込んでいるという詩。
たしか
「日、月、星、ホイ、ホイ、ホイ」といったタイトルではなかったか?

特に劉生の絵との注があるわけではないので、普通では分からない、
だが、なんとも雄大な時と
その時というものの過激さを念頭に置いた、
痛切な詩編、忘れられない。

作者が有るとき一番の思い出はなにかと忘年会で聞かれた時、
「阿賀さんに”日、月、星……”の詩評を書いてもらったこと」
と言われたそうだ、

もの凄い面白さと荒川洋治氏に紹介されたのが、村尾輝子さん。
当時すでに65,6歳ではなかったか?
ガラッパチのお婆ちゃん。
ほんと面白い、楽しい、愉快……でもなぜか、ちっとわからない。

沢山の詩稿をいただいて、
「金のなる木」を自分の出版社で刊行までしたのだが、分からなかった。
亡くなられて、ご家族のことも知った。
昭和を牽引した最優秀のご一族の出身。
ハハア、身分違いで分からなかったか?とか思ったりする。

この方とあと池井昌樹氏は、2か月連続で書いた。
お二人とも10枚かそこらでは、分からなかったせいだ。
池井詩編の場合は雑誌掲載の一篇の詩が気になり、
作者の七月堂で出したという第一詩集を全文コピーしてもらった。
これが素晴らしかった。

その後にはこれに匹敵する詩集を出しておられないのではないか?
なんと言っても第一詩集が一番だった。
が、これは刊行当時は注目されなかったらしい。
版元の木村氏から
「池井作品が阿賀さんによって初めて解読されました」とお手紙いただいた。

思うに、注目されない、酷評される……とはなんなのか?
読者に理解力がないということではないのか?
作品の優劣とは別である。
理解されないほど卓越した詩編、
あまりに高度な詩編であったかもしれないのだ。
だがあまりに酷評されると
がっかりして詩原稿もほっぽってしまう、
捨ててしまったり……
いや待てよ、これに似た詩編をかつて書いた記憶があると
探しても後で探しても出てこなかったり……。

私の場合、詩学で酷評の詩編がそれ。
奇妙な詩編だったが、類似のものが、書けないのだ。
不可思議な詩編、上げ蓋を上げて家屋の地下に降りて行く……
自身の全てを暗示していたように思うことがあるが、全容が思い出せない。

酷評されようが、
絶対捨てるな、めげるな、見捨てるな、
そこに本来の貴方がいると言いたい。

批評?その1

今回、新刊「民主主義の穴」を執筆、
舞台はロシア、英国、日本は鎌倉仏教と
時空を超えての多岐にわたって「穴」を探ってみた。

穴?
なぜか誰もが思いを馳せてこなかった局面、
普通には話題にはならない、忘れられた?
または忘れたふりをしなければならない、
やや危険な箇所をほじくったもの。

ところが、何人かの方が
詩論として読んで下さった由。
ちとびっくり。
詩を扱ったものは、10編のうち2編だけ。
ちょっと変わった不思議な詩を2編紹介したもの。

私はもともと詩の批評をしたことがない。
10年以上も前には、「詩学」の論点のコーナーを2年間以上続けて連載。
毎回長文で論じたのは確かだが、批評までは届かなかった。
解読がやっと、批評は出来なかったのだ。

ほほう、こういう意味であったのか、と
なんとか分かってから、腰を上げ、訳のわからなかった
幾つかの詩をしっかり分かるように解説を試みた。

となると、自然、ベタ褒め専科に終始、
悪いところはカットしているわけで、
今回の「民主主義の穴」の2編もそれ。
どうでもよい普通の詩なのに、
古今希なる大傑作との解説じゃありませんか?など、
一種、批判されたりした。

されど私は2編ともを
みごとな傑作詩編と思ったから取り上げたわけで、
だからこそ、1編の詩に数十枚の紙幅を使って
微に入り細に入り、飽きず、懲りず、しつこく……続けたのだ。

これは!と思う所だけそこにポイントを絞る、
欠陥は見ない、他に目をそらさない。
つまり長所だけを見る。それでなければ、
見えてこないものがあるからだ。

結局はそうこうするうちに、その詩から、
日本人の習性、今回の場合は、ロシアの深層心理学者、
シュピールラインを凌駕する日本女性の英知が、
ぎらり光芒を発しながら見えてくる。

ついでに親戚の誰彼さん、
ただのショボイオバサンと思っていた
義姉たちの凄味までが、見えて来たりもする……。

20世紀の悲劇を解明するともされる
優秀、卓越したシュピールラインだが
共産主義という理念の穴にとらわれ
不幸の極致へと驀進、
最期はナチズムの狂気の穴に沈んでしまった。

私たちは、一見ショボいながら、
そうそう簡単ではないオバサン力で、
穴をよけて行けるのかどうか。
あるいは穴からはいあがる事が出きるのかどうか。

イガイガランド・壁画完成

キャンプ場 イガイガランドは今期開園に向け、着々と準備進行中です。

ついに、アート展示場外壁に大迫力の大作壁画が完成しました。
デッキ、喫茶コーナーからゆっくり観賞できます。

2018年6月25日より公開します。

旅の疲れを癒しつつ、ぜひご覧になってください。

斉藤 雄紀「青騎士の考察」
◆フランツ・マルク(ドイツ 1880~1916)「修道院の庭の鹿」より着想

写真は斉藤 雄紀氏。
厳寒苛酷な北軽井沢で艱難辛苦、越冬しての制作でした。

また、屋外制作のため、
気まぐれな軽井沢山中の天候を見極めながら
着色していくという困難な作業でした。

壁画中央やや右よりに鹿がいます。
アレンジ元の「修道院の庭の鹿」からの引用です。

左側には黒いこうもりがいます。
斉藤氏のアレンジです。

「今回の経験を今後に活かします」と斉藤氏。

今年の夏も、イガイガランドは皆さまのお越しをお待ちしております!