新刊『豚=0』10月14日(月)全国書店で販売開始!!

イガイガボン・シリーズ第13弾、
『豚=0 博徒の論理』

今回はちょっと小型。
かわいい。
ハンドバッグにも入る。
だが
中味はそうそう簡単ではない。

冒頭「豚志向1」。
絢爛豪華だが、ひとすじ縄ではいかないのが、イガイガ本。
なぜこんなにも絢爛豪華に変貌するか!と驚く。
謎も多い。マントを着た紳士はいったい何者なのか???

後半、ふくよかな豚女性の突然の変貌。
その形相が凄まじい。
なぜ彼女は檻の中にいるのか?謎なのだ。

作画は、もも色の蛤(ハマグリ)。
エログロだと掲載反対もあったが、
ここまでの豚を描ける人はいない。

後半は副題「博徒の論理」
前作イガイガ本「民主主義の穴」で好評の阿賀猥。
女性読者からの熱烈賛同の声に答えての続編にあたる。

豚という生き物はやはり簡単ではない。

「豚=0」、

 池下和彦さんから感想をいただいた。
— 一切なにものにも囚われないふうの文章が圧倒的に好い。息をのむほどに好い。また文章から自由イラスト(画)が好い、すこぶる好い。なまじ下手ウマではなく、ウマウマのところが潔い。—

 ※ 小笠原真さんは、散文「イマセ」について。
ーー何がどうということもなく、浮世絵的なエロスを醸し出し、気がつけば呵々大笑、脳天がパクリと割れて、満点のお空にスターマインが炸裂しているのです。LSD的ドラッグ文学に通じると言っても過言ではありませんーーー

 ほか魅惑あふれる感想の数々。むしろ「豚=0」の現物より読み応えがあり、魅惑された。 猫又猫七もびっくりしていることだろう。
 
 ■裏話 
まずはもも色の蛤の挿絵が問題であった。初めに登場する※絢爛絵巻きの「豚志向」。
 何年も前に作成されたものだが、かくまでのエロエロ絵画は出版すべきではない、とスタッフ全員猛反対、ずーとお蔵入りになっていた。
 ならば北軽井沢イガイガランドの絵画展示場の天井に貼り付けようと※なったのだが、これではエロエロに押し潰されそうで怖い。 オッパイもかくまで大量にドカンドカンと垂れていては、大砲のようではないか!

 なんとかエロエロを誤魔化して、出版したいと思い立ち、阿賀猥の駄文、猫又猫七を担ぎ出してみた。猫又猫七の肖像画も添付するが、イガイガ本にはおなじみの連中である。


谷敏行(作画)


谷敏行(作画)

 猫七は険悪な顔をしているが、実は男前。ゆくゆくは若き辣腕女社長の花婿になる男で、常にコソッコソッと日陰を歩いているものの、寸分隙のない出で立ちのワル猫。裸踊りの名手。
 このワケ分からん2匹とモタモタしてるうちにもも色の蛤のエロさも忘れてもらう、という寸法だ.

◆悪猫
なぜ悪人びいきか? との質問もいただいた。

ーーー色んなことがありましたが、私は誰もが、 心底は善人であると信じています。

 これは、アンネ・フランク。
 アンネはアホだといいたいのではない。これは本当ではないだろうか? アル・カポネだって例外ではない。おれは善人だと言っている。
 ではどうしてあんなひどいことをやってしまうのか? そしてまた、どうしたらアンネは逃れられたのか?
 善人であってはいけないのでは? ドイツの人もアンネも善人であってはいけなかったのではないか? つまり、豚ではまずかったのではないか? 

 猫又猫七とまでは言わない、せめて猫であったら、と思う。それなら逃げられたのではないか?
 
 ?? ちとややこしい ??

 こういうのはインテリ猫、猫又の十八番だ。今度の時に猫又に聞いて欲しい。プレデイアス星雲随一の頭脳ともいわれた猫又だが、ここ限界古星地球でそれが通用するかどうか疑問である。
(2匹は遠方の星雲から帆かけ船でやってきたのだ)

 
◆ CD
 猫又猫七に関しては、「猫又猫七そして猫姫」というタイトルでのCDがある。これは肥満猫の猫姫を入れた3者の三角関係を描いた詩編をもとにした音楽伴奏つきの朗読CD。七月堂制作とイガイガ本制作と2種類ある。
 イガイガ本の方は、舞踏家十亀脩の介での朗読舞踏の公演からのもの。雄大な津軽の風景を背景に、津軽三味線奏者、疾風が作曲演奏、これが素晴らしい。

 録音制作は疾風の兄貴分吉田兄弟。単行本「猫姫」の付録として添付している。

 CDは以前は日本橋丸善で見かけた事があるが、だいぶ日がたっているので、入用の際はイガイガ本まで。


七月堂 制作


イガイガ本。吉田兄弟 制作

『谷絵 -谷敏行遺稿画集-』刊行

お待たせしました。

『谷絵 -谷敏行遺稿画集-』刊行いたしました。

『谷絵 ―谷敏行遺稿画集―』表紙

2011年準備開始、5年を経て完成。
書店ほか、アマゾン他、ネット書店で販売中です。
ぜひ、ご購入いただければ幸いです。
 


 

この5年間は、まさに谷底を這い歩く毎日。
歩いても歩いても行き着くことが出来なかった。
 
問題は彼の絵もさることながら、
彼自身を把握出来ずにいた。
 
単純な男、簡単な画集になると踏んで出発。
しかし何度制作しても
谷敏行を掴めた実感が得られず中断、
途方に暮れていた。
 
単純に見えれば見えるほど、
内実は奥へ奥へ隠され、
見ることが出来なかった。

谷絵_複雑顔

これは画集未収録の谷絵。
モデルは誰かわからないが、
茫洋として掴みにくいところ、
おそらくこの辺りが谷敏行の実態ではないか?
 
次はごくごく単純顔。
実際の谷敏行はこれより丸顔、
ぽっちゃり顔だけれど、
日頃の表向きはこのタイプ。
 
叩いてもホコリも何も出てこないような
単純ペラペラ男という気がしていた。

谷絵_半分顔

ところがところが……
作曲も超奇天烈を絵画作成と同じく、
超スピーディ、長編舞台劇の背景音楽も
渋谷駅構内の小さなレストランでチョコチョコっとで完成。
何の支障もなく演奏可能で、
私も万事苦労なしの月日を過ごすことができた。
 
特に舞台俳優。
舞踏家 十亀脩之介と組んでの
「変形蟷螂型恋愛天虫色模様」
若旦那役はまさにハマり役で名演。
 
本人も何よりこれがご機嫌。
いよいよもうダメかとなると、
「しっかり治って、また若旦那役やるんだ」と耳元で叫ぶと、
急にしゃんとなって嬉しそうに頷いていた。
 
享年43歳、何とも残念な若死にである。
多芸多才、スサマジイまでの才能を
満載したままに死出の旅路についてしまった。
 


 
 
彼を支えた、だめ連の皆さま。
自殺防止に彼の家の戸口を
たたき続けた職場の皆さま、ありがとうございました。
 
なんとか生の旅を終えることができました。

朗読舞踏『ベンケイガニ』公演

11月29日、埼玉与野市。
山岡遊主宰、詩の虚言朗読会『夢の罠』。
イガイガグループは総勢5名で参加。
舞踏朗読「ベンケイガニ」以下3詩編を公演、喝采を博した。
 
2015-11詩の虚言朗読会_001
 
とはいえ詩編自体はよく見ると、かなり厄介な内容。
全部で20分もの長編。
ただし詩の制作時間は数分。
初めは意味がよく解らなかったが、踊ることで見えてきたものがある。
 
2015-11詩の虚言朗読会_002
 
発端は、その昔に見たカニの生態を追ったTVの科学番組。
夜中、家々のどこからかカニが1匹2匹と這いだして、
通りを軍隊のように列をなして移動していく……
みんなで街路を行進して浜辺にワンサカと集まるのだ……
 
それからどうなったか?
はるか昔の記憶で、内容は覚えていない。
果たして元の家にカニたち戻れたのか。
または、そのまま海の底に突き進んで行ったのか。
その昔、四国は壇ノ浦に沈んだ平家の人たちのようにである。
 
2015-11詩の虚言朗読会_003
 
栄養栄華、楽しく豊かに暮らしていても、その先はどうなるか解らない。
カニの場合は、潮の満ち引きで動く、つまりはお月様に支配されている……という説がある。
民主主義と平和を掲げて、愉快に楽しく暮らしていてもそれこそは「夢の罠」
ひょっとして、私たちもお月様、または、もっと遠い星の意向で、動かされていたりはしないだろうか?
 
 
 




ベンケイガニ
2015-11詩の虚言朗読会_010
 
セッセと努力、富国強兵となっていった戦前の日本人ないしは、
いっそうの繁栄を求めて原発建設、
世界にも原発輸出して意気盛んな近未来を想定しての背景。
そこへ敵機襲来。
原発にミサイル命中して原発爆発、
国土は火炎地獄となって皆死に絶える……
 
 


幽霊蟹
2015-11詩の虚言朗読会_009
 
原発爆発で死に絶えた蟹たちだが漸次幽霊蟹となって動き始める。
もう死んでいるのだから、文句も言わない。
戦勝国に言われるまま、「平和と民主主義」の衣を着せられて、
命ぜられた通りに「平和」と「民主主義」を踊り始める。
どこか空疎な「平和踊り」。
どこか画一的「民主主義踊り」を踊る幽霊蟹たち。
 
 


原発ヤクザ
2015-11詩の虚言朗読会_0082015-11詩の虚言朗読会_007

ベンケイガニ集団が変身した深紅の生命体。
幽霊ガニ集団が変身した漆黒の生命体。
……ともに原発ヤクザとして2匹で踊り始める。
天空を悠々と滑空し、蟹集団の「生」と「死」の双方を称えて舞い踊る。
 
 

 


 


 

今回の朗読舞踏、
概要を書き連ね、ふと、私たちを背後で支配するものを思った。
蟹たちを支配する「月」、
それに呼応して動く何かが蟹たちの体内に埋め混まれているはず……
私たちもなにか、埋め込まれているのではないか?
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_004
 

口先では、戦争反対を叫ぶが、
かって日清戦争日露戦争と勝ち進み、狂喜乱舞した私たち日本人たち。
勝利の快感を求めて動いていたりはしないか?
フロイト論文の中では短く目立たないが「快感原則」を思った。

これは元々、ロシア出身の美貌の女性心理学者、
ザピーネ、シュピールラインの書き起こした「死への欲動」。
ここからの盗作とフロイトは非難されたりもするが、
ザピーネの原稿は、本家本元だけに微に入り細に入り詳しく展開している。
たとえばワーグナーの歌劇。
馬上のヒロインが、燃え盛る火の海へと、突進していく、
このくだりを挙げながらダイナミックに解説していく。
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_005
 

私たちは日夜営々として繁栄を目指す、
あるいは勝利を目指す……だが実はそれは「死」への欲動。
「死」を目指して生きているのではないか?

舞台では、ウジウジョ、ロロジョロと朗読者はいうのだけれど
音楽のほうは、どくどくどくどくと英国ロック特有の
不気味なまでの強力な重低音を休ます鼓動させて進んでいく。
どうあっても決してやすまないのだ。
無限に私たちを突き動かしていく無限衝動をあらわしている。
 
2015-11詩の虚言朗読会_赤_006
 

まさに命がけで繁栄を目指す安倍政権。
当初安倍氏は「美しい国」と言っていたがこれはなにか?
特攻隊もまた「美しい日本」のために突き進んだのではないか?
美の極点としての散華、ゼロを目指して、知らず知らず「死」を目指して居たりはしないのだろうか?

この大戦犠牲は、日本人犠牲者300万人、ユダヤ人犠牲者600万人だけではない。
他に総計1400万人が国土を失いさまよった果てに、力尽きて、命を落としている。

死を希求しない論理、美しくもない醜悪をも包容する
確固たる論理も必要ではないだろうか。
つまり美しさなどいらない、生きのびる論理が欲しい。

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』告知

第六回・詩の虚言朗読会『夢の罠』開催予定についてお知らせいたします。
 
2015-11 虚言朗読会 『夢の罠』

第六回・詩の虚言朗読会。
 
今回のテーマは
 
『夢の罠』
 
– 悶える 悶える 棺の中の美学よ! –


 
出演
長谷川龍生
阿賀猥/川本裕子(舞踏家)
石毛拓朗
細田傳造
伊藤信昭
山岡遊

 
2015-11 虚言朗読会 朗読舞踏Web宣伝用
 
 
 
開催日時
2015年11月29日(日)
午後1:30開場~2:00開演

 
会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045


 
京浜東北線・与野駅
西口から左へ駅沿いに進むと、
レンガ造りの建物がございます。
「SHINE」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。


 
 
ご来場、心からお待ちしております!
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

朗読舞踏「猫的人的詩」

第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』
川口湖、富士山のふもとで行われた
第11回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』

第二部・ポエーマンスの部で公演した朗読舞踏「猫的人的詩」。

樹木役で出演はイガイガボン舞踏家 高梨浩二。
元房総の草取り職人なので、真っ黒。
どこに目鼻がついているかもわからない。

ひょっとすると、目鼻はついてないかもしれない。
口はついている。
 
 

 
 

大橋可也&ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」告知

 
大橋可也&ダンサーズによるダンスワーク最新作、
「ザ・ワールド シーズン2」をお知らせいたします。
 
ダンサーズメンバー3名には、渋谷クロコダイル朗読舞踏
「船」(イガイガボン『NEKOHIME(猫姫)』収録)にて
熱演いただき喝采を博しました。
 
大橋可也(カクヤ)氏は明眸皓歯、端正で静かな風貌、実は元軍人。
次々に繰り出す華麗大胆なパノラマ世界は、
いったい彼のどこから出て来るのでしょうか。


 
 
大橋可也 &ダンサーズ「ザ・ワールド シーズン2」
 
大橋可也&ダンサーズ「クラウデッド」
Flyer(PDF)
Pressrelease(PDF)
 
構成・演出・振付:大橋可也 
ドラマトゥルク:長島確
出演:白井剛(ヘヴィメタルのみ)


 

散歩型公演 雲の影を追いかけ まちを横断する「クラウデッド」
 
日時:3月20日(金)21日(土)22日(日)15:00~18:30頃 
出発地点:SNAC 江東区三好2-12-6-1F 清澄白河駅徒歩3分
 
14:00~16:00までに出発地点にお越しください。
受付後、散歩しながら複数の会場でのパフォーマンスを体験していただきます。
パフォーマンスの合計時間は1時間30分程度、移動に要する時間は1時間程度、
終演は18:30頃を予定しています。時間に余裕を持ってお越しください。


 
 

劇場型公演 爆音と静謐がせめぎあう「ヘヴィメタル」
 
日時:3月25日(水)26日(木)19:00開演
会場:江東区文化センターホール 江東区東陽4-11-3 東陽町徒歩5分
 
開場は開演の30分前。終演は20:30頃を予定しています。


 
 
詳細こちらから
 
 
ご取材等のお申込み・お問い合わせ先
大橋可也&ダンサーズ 制作:坂上翔子・小林あずさ
office@dancehardcore.com
Tel :03-6905-9264 Fax :03-6905-9264 


 
 
大橋可也&ダンサーズ


http://dancehardcore.com :Facebook :Twitter