第18回クロコダイル朗読会・朗読舞踏

2012_stage001

第18回クロコダイル朗読会
「ワニの背中に字を並べる」にて
上演した朗読舞踏をご紹介します。
 
【舞踏】
十亀脩之介/ゴールデン鈴木
 
【朗読・誌】
阿賀猥
 
2012_stage002

『猫又猫七そして猫姫』
―岩木山縁起―


猫姫の悲しみ 猫七はどこに
愛しい猫七、貴方はどこに?
帰っておくれ、帰っておくれ
猫七猫七、私の猫七
猫又は言う 猫七など、猫七など
忘れなされ、忘れなされ、猫七など
稲穂は黄金に、輝き騒ぎ
今は9月、風さわやかな9月
天高く、空澄み渡る9月
なぜ猫七など!
猫七の悲しみ うるわしの姫を思いて
うるわしの姫のために
ただ泣き濡れしこの6月、この7月、この8月
そしてこの9月、むなしきはこの9月
とうとう秋になりました、猫姫、猫姫

2012_stage004


猫姫の笑い
猫姫は笑う、なぜか猫姫は笑う
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ
なぜ笑う? なぜ笑う?
ハテハテ、ハテハテ、 ハテハテ、ハテハテ
なぜ笑う? なぜ笑う?
猫又は首を傾げる
猫又は万事構わず、吠えに吠えまくる
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ7匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ8匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠えまくる
猫七は泣く 俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
生まれも素性も下の下の下、ゲのゲのゲ
下の下の下、下の下の下
猫又はまたまた、吠える
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ8匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ9匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠え、猫姫は笑い続ける
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ

2012_stage003


猫山村の猫姫御殿、猫姫はネズミをお食事
1匹、2匹、3匹、4匹、5匹
6匹、7匹、8匹、9匹
ブクブクブクブク 猫姫は肥える
ブクブクブクブク 岩のように、山のように
猫姫は肥えに肥え太り
今は山、うるわしの猫姫山
猫町四丁目ドブ板通り
猫七はドブネズミを追う
飲まず、食わず、ただひたすらにドブネズミを追う
毎日、毎日、毎日、毎日、毎日 ……
毎日、毎日、毎日、毎日、ドブネズミを追う
やせ衰えて、今はもう紐のように、糸のように
ただホソホソと風に漂う
今は冬 猫姫山は、ただ吹雪
昨日も今日もただ吹雪
雪舞い狂い、風ひるがえる
その風は猫七か?  その雪は、猫姫か?

2012_stage005
 
 
 
2012_stage006
『石』
 
わたしは道で白い石をひろった
なぜ?
なぜ白い石?
わたしはその石を抱いて
凍てつく道を通って
風の国へ帰った
風の国、誰も知らない風の国
わたしの石
風の中の私の石
わたしだけの白い石
わたしはその石を愛し
その石の中で眠り
その白い石のために泣いた
わたしは生きて行くことができなかった

 
 
 
 
 
 
 
 
 

第18回クロコダイル朗読会・ワニの背中に字を並べる

10-7stage朗読会のお知らせです。
10月7日、渋谷クロコダイルにて、
第18回クロコダイル朗読会 ワニの背中に字を並べる
が開催されます。

出演
詩: 安川登紀子/音楽:末松晴美(ライアー)
詩: 紫圭子
詩: 山田隆昭
詩: 渡辺めぐみ
詩: 浜江順子
詩: 阿賀猥/舞踏:十亀脩之介、ゴールデン鈴木
詩: 福島泰樹/音楽:永畑雅人
トーク:福間健二、暁方ミセイ、小笠原鳥類
詩: 小笠原鳥類
詩: 暁方ミセイ
詩: 福間健二
 
第18回クロコダイル朗読会
ワニの背中に字を並べる

10月7日(日)
開場:pm 12:30
開演:pm 1:00(終了:pm 3:40)

場所:クロコダイル ☎03-3499-5205
料金:2,000円(ワンドリンク付、当日券のみ)

お問い合わせ:浜江 ☎042-582-0938

後援:思潮社
 
 
 
 
 
 

エミリ(カマキリ)ブロンテ

dra2-yokoku_002ドラゴン下巻5章には「嵐が丘」作者、エミリ・ブロンテが登場。

聖女テレサとも比較されるエミリながら、ドラゴンの目は節穴ではありません。

かばりと皮を剥ぎ、中から取り出したのが、このかまきり女、聖テレサならぬ、聖エミリ。
 
 
 
片目をつぶっているのに、注目してください。
喰いながら次の獲物にウインクしているのです。
食われているのは誰ですか?
まずはジョルジュ・バタイユです。
悲鳴も上げず男たちは嬉しく楽しく食われて行くのでした。
 
 
ドラゴン in the Sea 上・詳細ページ


ドラゴン in the Sea 下・詳細ページ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Tosaki Ayako 個展

Ayaran_kotenNEKOHIME(猫姫)の表紙でおなじみのアヤランが個展を開催!

Tosaki Ayako 個展
2012年2月13日(月)~2月18日(土)
1:30~9:00pm(最終日は5:00pmまで)
セツ・モードセミナー ギャラリー
東京都新宿区舟町 15
TEL 03-3357-3687

●都営新宿線 曙橋駅下車、A1出口徒歩2分
(丸ノ内線 四谷三丁目駅下車、出口2 徒歩7分)

Ayaran_koten
 
 
 
  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 

奥村真出版記念会

IMG_2827[1]10月29日(土)日本出版クラブ会館にて、「ぬらり神」の出版記念会を開催しました。
 
 
 
 
 
 
 
生前の友人、詩人たちが一同に集まり、奥村氏とその詩行を偲びました。次々と披露されるエピソードからは、奥村氏の破天荒さと共に、友人たちに慕われていた様子がありありと伺われました。

 
dance_001dance_002
記念会のトリには、阿賀猥の朗読(もちろん奥村詩篇)と黒タイツ姿2人のダンス。

 
 
dance_003dance_004
朗読に絶妙にマッチした振り付けの奇抜さに、会場に静かな衝撃が……。

 
 

 
  
 
最後に、長年連れ添われた奥村氏のパートナーから
誠実な、心のこもった挨拶で出版記念会はしみじみと幕を閉じました。
 
 
ぬらり神・詳細ページ


 
 
 
 
  
 

第17回クロコダイル朗読会「破局の渦、詩の海賊たち」に出演

 
IMG_0034-editedre10月2日(日)渋谷クロコダイルの恒例の朗読会でイガメンバー4名による「ブラック・ドラゴン」と「ぬらり神」を公演しました。「ブラック・ドラゴン」は、古代の竜神衣装を参考に両方の耳の横に龍の絵をたてて、獅子舞のような黒いマントをつけた舞踏ダンサーが踊り、阿賀猥が地面に伏しながら詩をうなる。
 
 
 
 
 
IMG_0032-editedreつづく、「ぬらり神」は奥村真詩集からの朗読。現在、電子本の制作にあたっているイガメンバーで、(実は!)フラダンスの熟達者も颯爽と登場。暗黒舞踏とフラダンスのテイストが交わるというキマイラ的演出に会場は騒然となりました。
10月29日の奥村真詩集「ぬらり神」出版記念パーテイでも再演する予定なので乞うご期待!