金の生まれる字「村尾さんの不思議」

金の生まれる字
金の生まれる字詩誌JO5創刊メンバーの一人、村尾輝子による、初の詩集『金の生まれる字』。
 
今回は、詩人、吉田ゆき子さんにお寄せいただいた、あとがきを全文公開いたします。
 
『金の生まれる字』に掲載されている村尾詩篇を丁寧に解説、また、村尾さんとのエピソードも紹介してくださいました。
ぜひ、ご一読いただければ幸いです。
 
 
 
 
 
 
村尾さんの不思議


吉田ゆき子        
 

村尾暉子さんとは一九八八年
「JO5 2号 変声期」で御一緒させていただいた。
メンバーは女性5人。
〈JO(女)〉5人という意味の同人詩誌であった。
編集者は阿賀猥。メンバーは毎号入れ替え。
 
JO5誌の集まりで暉子さんは、
「人から司馬遼太郎そっくりと言われるの。」とおっしゃる。
「ゲゲゲの鬼太郎にでてくる砂かけババに
似ているっていわれたこともあるのよ。」とも。
あっほんとだと思った。
 
彼女の髪が白髪でフサフサしているところから
白髪のライオンとおっしゃるかたもいる。
 
暉子さんと友人が新宿中村屋で
カリーライスを食べようとドアを開けた。
あいにく満席であった。
「いらっしゃい。」
あちらの席でイケメンがひとりで座り手招きしてくださる。
あそこでいいわね。
 
イケメンは、ふたりが席に着いたとたん
ノートとペンをとりだし暉子さんと
彼女の友人がおしゃべりしている内容を
サラサラとメモっている。
 
「こちらを観察しながらずっとメモをとっていたのよ。」と暉子さんが話していた。
カリーライスを食べおわり3人で立ち上がった。
「意外に背が低いわね。」
 
イケメンだったという男。
その男は三島由紀夫であった。
 

※ 
中村屋のメニューでは、カレーライスではなく、カリーライス。
レトルト食品でも中村屋の場合は、「インド・カーリー」など、
カレーではなく、カリーで統一されている。

 
*****
 
 
 
「お蔵」


 
絵のある詩である。
イマジネーションの豊かな暉子さんは、刺繍も得意である。
刺繍を添えたカレンダーにして詩を壁に飾りたくなる。
刺繍グループ展になんども出品している。
大きなバック。
タピストリー。
眼鏡入れ。
お財布に‥‥と楽しい刺繍である。
 
 
「何となくクリスタル」


 
本性はいくらカッコつけてみても透けて見える。
 

「いえ いえ クリスタルでございます」
「あら やっぱりガラスなの」
 なあんだと思いました

 
体裁の裏にある真実を暉子さんは鋭く突く。
 

「いいえ クリスタルでございますよ」

 
あまりに美しきスローガンはますますあやしい。
そのあと暉子詩は人を愚弄せず終連にもってゆく。
作品に人柄はでるものと思う。
 
iga編集部から、どの作品を載せたらよいか、
逆に載せてほしくない作品を選ぶように詩コピーがどっさり送られてきた。
2~30人が選んだそうだが
「キン、ギン、リュウ‥‥」は、ベスト3に入る人気作品だったらしい。
ちょっと毒を含むユーモアのセンス。
暉子詩のおもしろさだ。
 
 
「人は誰でも年をとる」


 
さらりと人生の深みを突く。
人生の季節をユーモアたっぷりに詩に読み込んでゆく。
 

私は五〇女を見ると薄汚いなと思います
やがて自分がもっと醜いことに気づき
坂を転げ落ちる気がしました

 
実感ありで言葉が迫ってくる。
 
 
「倫理社会は夢の色」


 
荒川洋治詩集タイトル借用。
 

よれよれの下着の方ばかりを褒めて
清潔な下着を着ると
まるでコドモだとけなすのだろう

 
人情のフシギに触れている。
暉子さんは荒川洋治の詩の教室に通っていた。
 

〈どうしても忘れられない。
 とにかく変わってる、不思議な詩だ〉

 
暉子詩に対する荒川洋治の詩評。
 
 
「息子」


 
リフレインが利いている。
読んでいてホロッとくる。
 

〈上の動物園 中のぼくんち 下の動物園〉
〈階段をのぼって行きましたし〉
〈入口を降りて行きましたし〉

 
上り下りは、人生の起伏を意味する。
 

〈上野は上りを〉
〈井之頭は下りに〉

 
日常から深淵をみつめる暉子さんの視点。
 

〈家を出て行ってしまいましたのに〉

 
変わってしまった時代感覚をなにげない言葉で暉子詩は語る。
勝ち犬負け犬というコトバが流行した時、なぜ普通犬がいないのだろうと思った。
 

〈上りはウエ〉
〈下りはシタ〉
〈中のぼくんちね〉

 
多くの日本人がそう思えた1億総中流時代の空気が心に響く。
今は格差が広がり人の足元に影を落とす。
 
 
*****
 
 
海岸で、JO5誌の集まりがあった。
彼女は満面の笑みを浮かべ海に浮かび、ある時は砂風呂を楽しんだ。
 
地元横浜・元町を花柄ストッキングを履きネックレスをつけてまっ赤な服で決める。
白髪ライオンヘアにピタッと合っていてオッシャレーである。
 
江戸東京博物館(会議室)で同人誌の朗読大会があった。
村尾、吉田、阿賀がひとりずつ谷敏行作曲の電子音楽と十亀脩之介のダンスで出演した。
変わったダシモノだった。
 

ある時八八才の婦人に会いました
 
その人が言いました
あなた 五七才なんて子供よ 羨ましいわ
(「人は誰でも年をとる」より)

 
暉子さんは88才になろうとしている。
笑顔は今もパワーがある。
 
 
 
 


吉田ゆき子


詩人
『スノー・チャイルド』紫陽社
『鼓膜の内外』思潮社

 
 
金の生まれる字・詳細ページ


神的品格、吉田ゆき子詩集

『鼓膜の内外』吉田ゆき子 思潮社
3月30日、新潟から斉藤健一さんが吉田さん宅に来られるというので、私も出かけた。
斉藤さんは、気に入った詩集があると、作者を訪問される。詩の背景をじかに見たくなられるのだろう。

生憎の冬。庭木は殆ど花どころか葉もつけてないので、いかにもパッとしないのを気にして吉田さんは、あっちこっちうろうろ、裏庭やらゴミ置き場まで、いよいよパッとしないところへ。
「ああ、本当に、今はなにもありませんねえ」とため息。
じきにこの裏庭にも丹精された花々が咲き競うのだろうが今はなし。
いかにも「ぶきっちょ」な吉田さんらしい案内だ。
 

『鼓膜の内外』吉田ゆき子 思潮社
鼓膜の内外

問題の吉田詩集は「鼓膜の内外」。
以下は冒頭にある短詩

 


 
 神の手料理


          吉田ゆき子
 
臓物を火で炙った
お互いに
それを料理ととてもいえないが
わたしらはそれで
実をつけたのではないか
ぶきっちょな実であるが
 
生きることが
料理なんておこがましいが
わたしらは皿に盛られる
神の料理として

 

これだけが短いので、全文を書き写した。
どの詩編も不思議な静けさと暖かさを湛えて、けれどきっかりと30編が続く。
この毎日は私たちの日常のようで、実は神様の手料理、と視界をぱっと天の神様レベルまで、もっていって、しめくくる『神の手料理」、人の日常だのは、その程度のものでしかない、という意味あいもあるだろう。
だが、人の手を省かれて、機械だけで、大量に量産されるこのオートメーションの時代に、神様に手をかけてもらえるなんてすばらしいことではないだろうか?

どの日常も、さほどに輝くようなものでもなく、立派なもの、はないのだけれど、不思議に神様の手料理になっているのではないか?
神様が作られたような、尋常でないある品格を持った世界、それが白い小さな詩集の中から、1つ1つ、くっきりと確かに立ち上がってくる。

神的品格とでもいうのか、こういう品格を持ったものは、最近すくない。
かっては森鷗外。
どのページをめくってもめくっても、変哲もない静かさが続いて、結局どの作品も変わらないのだが、なぜか次から次に買い足して読み続けた。
友人にも鷗外ファンが多かった。
これがないと落ち着かない……と終始本と言えば鷗外だけ、読み続けていた人もいた。

実際の作者の日常は、そうそう静かなはずはない、鴎外にしろ吉田さんにしろ、動転し四苦八苦の毎日だってあっただろう。
 
 

木を伐る事に
なりました
 
わたしの 中に
ずっと 価値観 を
根深く 張って いたの ですが
今日 伐る 事になりました

 

こうして始まる。
その日常で、自分自身を根こそぎ、刈り取らざるを得ない何らかの挫折または大きな絶望があったのだろう。
短い区切りで、トツトツと続く、その区切り方に、多すぎる空白に、事の重大さが伺える。
だがその事の内容には、一切、ふれられないままに淡々と続き、以下で終わる。
 
 

さて植木職人のスコップは
頼もしく作業を始め
木はどっどっと
倒れたのでした

 

簡単なものではなかったのだ。
大事な大事な世界だったのだ。
一番大事なものだったのだ……。

タイトルは「木を伐ることに なりました」、見事なタイトル。
生涯でそうそう出あうことのない珠玉の詩集。
この浮薄な平成に、こういう詩集が誕生したのが奇跡のようにさえ思われる。
 
   ※引用は、「鼓膜の内外」(思潮社/¥2200)から。

金の生まれる字・村尾さん

金の生まれる字
村尾さんは、
普通はどこでもフラリ、パッパと出かける人だが、最近はタマネギの怨みで、糖尿病が悪化、耳が全く聞こえなくなってしまい、出かけても、横浜市内だけ。
92才の夫君でエスコート付き……の状況になってしまった。

タマネギの怨み?
村尾さんはここ何十年か、タマネギが嫌いで食べたことがない。
医師から、タマネギさえ食べれば直ると言われてもダメ。死んでも食べない。
ウカウカすると死んでしまうと脅かしても食べない。
ただしタマネギ以外はOK。
92才の夫君によると、「食べる食べる、もの凄い食欲ですわ」とのことである。

10年くらい前になるが、
大勢で紅葉狩りに出かけた山奥の山荘で、その地の地酒を、「あら、これ何? あら美味しいわ、あら美味しいわ」と制止も振り切ってコップでなみなみ4杯も飲んでパッタリ。
突然眠りだし、数時間以上、眠り続け、全員動転したことがある。

それまでお酒は飲んだことがなかったそうだ。
糖尿病にも良くない。
だが全てお構いなし。やりたいことはやる。やりたくないことはダメ。
死んでもタマネギはダメなのだ。

金の生まれる字

表紙の水泳写真もそのノリで生まれた。
村尾さんは、不整脈だのアレコレ泳げる状態ではなかったのを、これまた制止を振り切ってバチャバチャ。
ガンガンの「海の女」となってしまった。
本人は、楽ししいのだけれど、彼女の周辺は、ただもう困り果てての写真である。
 
 
金の生まれる字・詳細ページ


ココア共和国

ココア共和国

ココア共和国

「ココア共和国」という詩誌が送られてきた。

秋亜綺羅さんの編集する詩誌。
詩も楽しいけれど、
チョコッチョコッとはいってる挿し絵が
何とも味があっていいな。
お皿とかふぉーくとかラクダとか……

秋亜綺羅さんってどんな人だろう。
(阿賀)

秋山基夫詩集「二十八星宿」

秋山基夫詩集「二十八星宿」(¥500)が届いた。
小さな詩集だが、どれもこれも不思議で面白い、どこかイガイガっぽいのを、引用したい。

 亢
春気亢奮
龍笛は野に響く
桃李満開
終日幻野に遊ぶ

 尾
われを恐れよ
われを嫌悪せよ
わが愛は反転し
尾をもて汝を刺すべし

 危
俺たちは大陸から馬できた
俺たちは鞍で眠り鞍で死ぬ
天空を飛ぶ危ない夢を見た
目覚めると海を越えていた

 参
わたしは 三つ星の王だ
猟人にして猛獣である
饗応と略奪の命を終え
頭なき骨として倒れる

九星占星術とかいくつかの本も買った。一部わからないところがあったため。
(阿賀)

第18回クロコダイル朗読会・朗読舞踏

2012_stage001

第18回クロコダイル朗読会
「ワニの背中に字を並べる」にて
上演した朗読舞踏をご紹介します。
 
【舞踏】
十亀脩之介/ゴールデン鈴木
 
【朗読・誌】
阿賀猥
 
2012_stage002

『猫又猫七そして猫姫』
―岩木山縁起―


猫姫の悲しみ 猫七はどこに
愛しい猫七、貴方はどこに?
帰っておくれ、帰っておくれ
猫七猫七、私の猫七
猫又は言う 猫七など、猫七など
忘れなされ、忘れなされ、猫七など
稲穂は黄金に、輝き騒ぎ
今は9月、風さわやかな9月
天高く、空澄み渡る9月
なぜ猫七など!
猫七の悲しみ うるわしの姫を思いて
うるわしの姫のために
ただ泣き濡れしこの6月、この7月、この8月
そしてこの9月、むなしきはこの9月
とうとう秋になりました、猫姫、猫姫

2012_stage004


猫姫の笑い
猫姫は笑う、なぜか猫姫は笑う
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ
なぜ笑う? なぜ笑う?
ハテハテ、ハテハテ、 ハテハテ、ハテハテ
なぜ笑う? なぜ笑う?
猫又は首を傾げる
猫又は万事構わず、吠えに吠えまくる
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ7匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ8匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠えまくる
猫七は泣く 俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
俺らは馬鹿猫、しょうもない馬鹿猫
生まれも素性も下の下の下、ゲのゲのゲ
下の下の下、下の下の下
猫又はまたまた、吠える
俺はエリート、俺はエリート
1日ネズミ8匹は、軽ーい捕り物
1日ネズミ9匹も、軽ーい捕り物
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
1日9匹、10匹、11匹、12匹、13匹、14匹
猫又は吠えに吠え、猫姫は笑い続ける
ニンニンニンニンニ、ニンニンニンニンニ

2012_stage003


猫山村の猫姫御殿、猫姫はネズミをお食事
1匹、2匹、3匹、4匹、5匹
6匹、7匹、8匹、9匹
ブクブクブクブク 猫姫は肥える
ブクブクブクブク 岩のように、山のように
猫姫は肥えに肥え太り
今は山、うるわしの猫姫山
猫町四丁目ドブ板通り
猫七はドブネズミを追う
飲まず、食わず、ただひたすらにドブネズミを追う
毎日、毎日、毎日、毎日、毎日 ……
毎日、毎日、毎日、毎日、ドブネズミを追う
やせ衰えて、今はもう紐のように、糸のように
ただホソホソと風に漂う
今は冬 猫姫山は、ただ吹雪
昨日も今日もただ吹雪
雪舞い狂い、風ひるがえる
その風は猫七か?  その雪は、猫姫か?

2012_stage005
 
 
 
2012_stage006
『石』
 
わたしは道で白い石をひろった
なぜ?
なぜ白い石?
わたしはその石を抱いて
凍てつく道を通って
風の国へ帰った
風の国、誰も知らない風の国
わたしの石
風の中の私の石
わたしだけの白い石
わたしはその石を愛し
その石の中で眠り
その白い石のために泣いた
わたしは生きて行くことができなかった