第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』を終えて 2

12月、2つの朗読会に参加した。

12月6日参加は、山岡遊主催、第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』
まずは、山岡遊のゴソゴソと這い出て、挨拶代わりか太い声で、ガンガンと唸って開始。

参加朗読者には、下川敬明氏のように、流れるように美しい詩編も混じるが、
大半はどこか主宰の山岡モード。

破天荒で荒削り、グングンと強力に自身を押して行くのが特徴。

細田傳造氏、府川雅明氏など、「今」を切って、切り開いていくが、
切り方は正に野武士の軍刀、会場を爆笑させながらのおおらかな味でたのしませてくれる。
途中、短編映画も上演。バラエテイに富んで、退屈させない。
 

「目下は皆して保身保身で、何も言わない、何があっても見ないふり、山岡朗読会だけが違う。
バカのフリして、馬鹿を盾に何でもかんでも言いまくる、沖縄問題、東電災害……
何でもありの山岡朗読会、山岡さんって、ああ見えて賢いんですよ」

 
これは、山岡朗読会というと毎回参加、舞踏を熱演する十亀脩之介の意見。

さて我らイガイガボングループは、この舞踏家、十亀脩之介が奇怪なる飽食の姫君に扮して踊りまくる「猫姫」を7年ぶりに再演。
十亀が大柄、屈強強靱な身体を豪華絢爛たる姫様衣装に包んで登場。
まずは笑いを巻き起こし、猫又役の吉田ゆき子氏、猫七役の高梨浩二氏を従えて、
にぎやかな舞台となった。
 
『死(詩)の国』__001
写真は左から、十亀、吉田、高梨。
『死(詩)の国』_005
 
『死(詩)の国』_003
 
曲は津軽三味線の若手ナンバー1グループ「疾風」の『吹雪』から。
作曲の小山内薫が猫姫用に編曲。
元々は全編、吹雪の最中の刻々と変化する雪の有様を精妙に克明に写しとったもの。

病気治療で、津軽の病院に通院の時に吹雪に遭遇。
あまりの美しさに車窓に釘づけとなったことがある。
それがそのまま小山内薫の三味線曲となって蘇っているのに驚いて、言葉をつけた。

地を掘り返し、蹴り上げて、舞う雪の群、
全てを「白」で圧殺して、消し去っていく、北国の大自然……
繰り返して聞いているうちに、飽食の現代が雪の幻覚として舞いあがり、
空を駆けて行くのが見えてくる。
  
音楽CDは、『疾風』というタイトルで販売中。

もう1つは12月14日、支倉隆子主催、第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』内、ポエーマンスに客演。
山岡遊朗読会とは、対照的なコンセプトか?
 
次回に詳しく紹介したい。

第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』を終えて

2014年12月6日
第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』、無事終了いたしました。

朗読あり、映画鑑賞もあり、充実した内容の催しになりました。

当イガイガ・グループからは、舞踏の十亀、朗読の阿賀ほか、
猫又役で吉田ゆき子氏、猫七役で、高梨浩二氏が出演。
豪華絢爛の姫様衣装を乱舞させ、会場を華やかに盛り上げました。

『死(詩)の国』_003

『死(詩)の国』__002
 
編集中の新刊、画集『谷絵』では、
谷絵を巡っての白熱した議論を収録、
この朗読会にも共通する部分があり、
イガイガ・スタッフ内では山岡株が上昇中です。

第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』告知

詩劇「洪水伝説(稽古篇)」_[2014-12-14]

第10回・詩劇『洪水伝説(稽古篇)』のお知らせです。

永遠に進化を続ける、支倉隆子による詩劇『洪水伝説』。ついに第10回を迎えました。
今回の洪水伝説はどのような進化を遂げたのでしょうか。
第二部はポエム+パフォーマンスの、ポエーマンス。
たんなる詩の朗読では終わらないパフォーマンスが目白押し!
皆様お誘い合わせの上、ぜひ、ご来場ください。

作・演出
支倉隆子

出演
第一部 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
松原牧子
金井裕美子
新井隆人
江村晴子
キャロル

第二部 ポエーマンス
野村龍
広瀬弓
伊藤浩子
阿賀猥
川本裕子
綾瀬ふみ佳(琵琶)
庄司太一(歌とギター)
UCC(キャロル:歌&晴:ギター)
THE PANTHERS(X・キャロル・新井隆人)
THE POEMANS(松原牧子・金井裕美子・新井隆人)

司会
松原/新井

 
日時


2014年12月14日(日)

14:00 受付開始
14:30 詩劇「洪水伝説(稽古篇)」
15:30 ポエーマンス
17:20 がやがや
18:00 終了

入場料
1,500円

 
会場


つきじTESSギャラリー若松屋 WEBサイト
〒104-0045 東京都中央区築地6-12-3 地図
日比谷線築地駅1番出口徒歩5分
TEL/FAX 03-3541-0124

 
 
お問い合わせ(支倉)


☎03-3894-0391
事前予約可

ご来場、心からお待ちしております!

第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』告知

第四回・詩の虚言朗読会『死(詩)の国』開催予定についてお知らせいたします。
 
2014朗読会「死(詩)の国」

2014年12月、第四回を迎えた詩の虚言朗読会。
 
今回のテーマは「死(詩)の国」
 
「標的の村から想像力の壁を叩く」

 
出演
長谷川龍生
阿賀猥
細田傳造
下川敬明
府川雅明
渡辺めぐみ


 
 
ドキュメント映画
「標的の村」
 
 
開催日時
2014年12月6日(土)
午後5:30開場~6:00開演

会費
2000円(1ドリンク付き)
 
 
会場
カフェ・ギャラリー・シャイン(Webサイト)
ライブ会場としても40年の歴史を持つ、老舗カフェです。
 
京浜東北線・与野駅(Googleマップ)
ロータリーのある西口から出ていただき、
駅沿いに左へ進むと、右手にレンガ造りの建物がございます。
「SHINE(シャイン)」の看板が目印です。
徒歩30秒ぐらいの距離です。
 
武蔵野線でお越しの際は「南浦和」から
京浜東北線(浦和・さいたま新都心・大宮方面)にお乗り換えください。

 
 
〒330-0071
さいたま市浦和区上木崎1-9-20
Tel 048-833-1045

ご来場、心からお待ちしております!
 
 
 
 


連絡先 彩の国夢探偵団・山岡
(携帯)080-5060-2529
(自宅)048-822-2529

クロコダイル朗読会用楽曲・編集バージョン公開

9・28
20周年クロコダイル朗読会
『今日、短針だけの時計を買った』用の舞踏楽曲、編集バージョンを公開いたします!
 

 
 
高橋芳一氏による作曲。
他にも数曲、ミックスして、朗読舞踏曲へと仕上げてくださるそうです!

2014年9月28日、クロコダイル朗読会、ぜひお立ち寄りください!

20周年クロコダイル朗読会『今日、短針だけの時計を買った』告知

クロコダイル朗読会も20周年!
『今日、短針だけの時計を買った』のお知らせです!

2014-09クロコダイル朗読会

日時:9月28日(日)

開場:pm 12:30
開演:pm 13:00(終了:pm 15:40)

場所:クロコダイル TEL:03-3499-5205 地図

料金:2,000円(ワンドリンク付き、当日券のみ)

出演
詩:長谷川忍
詩:阿賀猥/舞踏:十亀脩之介
詩:そらしといろ
詩:渡辺めぐみ
詩:広瀬大志
詩:浜江順子
詩:鈴木東海子
トーク:野村善和夫北川朱実建畠哲
詩:北川朱実
詩:建畠哲
詩:野村善和夫

お問い合わせは下記、浜江まで!
浜江 TEL:042-582-0938

後援:思潮社

ご来場、心からお待ちしております!